トップページ  >  ギャラリーセレクション  >  ミズマアートギャラリー MIZUMA ART GALLERY いちおしアート

ミズマアートギャラリー MIZUMA ART GALLERY

植物でもこの国にしか咲かない花があるように、アートでもこの国にしか生まれないものがあるんじゃないかと思っているんですけどね。

いちおしアート

ギャラリーガイド

展覧会情報

ミヅマアートギャラリーが推す「旬」の作家

作品詳細へ
天明屋尚 《射箭之図》

作品詳細へ
山口 晃 《百貨店圖 日本橋 新三越本店》

天明屋尚 ・ 山口晃 作品一覧はこちら

2010年5月12日(水)〜8月1日(日)、「The Beauty of Distance: Songs of Survival in a Precarious Age」 をテーマに、森美術館・初代館長デヴィッド・エリオットがディレクターを務める 「第17回シドニービエンナーレ」が開催されました。
世界各国から約160名のアーティストが参加しており、日本からは 会田誠、草間彌生、さわひらき、杉本博司、天明屋尚、山口晃が参加しています。
URL: http://www.art-it.asia/u/admin_ed_exrev/PkTNASWLl610d2zEFofR

また、高橋コレクションでは、会田誠・天明屋尚・山口晃“誠がいく、尚がいく、晃がいく ―ミヅマ三人衆ジャパンを斬る―”展が開催中。
URL: http://www.tagboat.com/contents/feel/event_info/2010/06/post-70.html

これを記念して、タグボートでは特別に山口晃、天明屋尚によるエディション作品を再入荷、さらに今週は天明屋尚による新作エディション作品《射箭之図》を新入荷しました。

■天明屋尚
1966年東京生まれの天明屋はレコード会社でアートディレクターとして勤務した後、現代美術家としての活動をスタートさせました。
自らの作品を“ネオ日本画”と命名し、絵筆で闘う“武闘派”を立ち上げ、国内外の展覧会への参加や日本経済新聞連載小説の挿画の制作、FIFA2006ワールドカップ公式アートポスター、映画の美術を手がけるなど幅広い活動が注目されています。
→ 天明屋尚展“風流”(2009.12.16-2010.01.30)情報はこちら
→ 天明屋尚 作品一覧はこちら

■山口晃
合戦図、時空の混在、更には画面を埋め尽くすように描き込まれた街の鳥瞰図等のモチーフを使い、観客を飽きさせないユーモアとシニカルさを織り交ぜた作風です。
大和絵や浮世絵のようなタッチで、非常に緻密に人物や建築物などを描き込む画風で知られています。武士を馬型のバイクに乗せたり、現代の超高層ビルに瓦屋根を載せて描くなど、作品の多くが自由でユーモラスな発想で描かれてています。書籍の装丁や広告のポスターの原画も多く手掛けています。
→ 山口晃 作品の詳細はこちら

作家一覧


天明屋 尚 暴力、信仰、社会諷刺など様々な事柄を描き、自らを「ネオ日本画絵師」と称する

作品一覧はこちら

山口 晃 日本の伝統的絵画形式である古典的な大和絵を引用して描く

作品一覧はこちら

会田 誠 各界のクリエイターに影響を与え続ける、“現代美術の奇才”

作品一覧はこちら

     
「久保荘6号室」      

鴻池 朋子 文学と現代美術を融合した「物語る絵画」を描くアーティスト

作品一覧はこちら