トップページ  >  ギャラリーセレクション  >  レントゲンヴェルケ いちおしアート

レントゲンヴェルケ

アートマーケットの成熟が始まり、ここ10年は大きい変換期になるのではないかと思います。

いちおしアート

ギャラリーガイド

ギャラリストインタビュー

レントゲンヴェルケが推す「旬」の作家

佐藤好彦
佐藤好彦 作品一覧はこちら

1968 埼玉県に生まれる
1993 東京芸術大学大学院修士課程修了

個展
2007 「MXR」ヴァイスフェルト-レントゲンヴェルケ、東京
2006 「1:4:9」ヴァイスフェルト-レントゲンヴェルケ、東京
2005 遊工房アートスペース、東京
2003 「THE ARMS 佐藤好彦展」KPOキリンプラザ大阪、大阪
1999 ギャラリーmai、東京
1998 ギャラリー NW house、東京
1997 ピガ原宿画廊、東京
1997 ギャラリー NW house、東京
受賞
2002 キリン・アート・アワード 2002 最優秀賞作品賞受賞
2002 6th SICF 準グランプリ受賞

>> 佐藤好彦 個展 "Re-play"(2010年7月31日 - 8月29日)情報はこちら

作家一覧


桑島秀樹 精密さを追い求める美学がここにある

作品一覧はこちら

カンノサカン  今や作品は片端からsoldout。「視覚の音楽」の普遍的な魅力は、益々威力を増している。

作品一覧はこちら

忽那(くつな)光一郎 光条と工場は、去る者と残されるものの暗喩。美しい画面の中で二者は和解する。

作品一覧はこちら

あるがせいじ 紙を使い、想像を絶する技術による、凝縮された宇宙とも言うべきミクロコスモス。

作品一覧はこちら

     
「ひらき」SOLDOUT