トップページ  >  次世代アーティスト発掘(DNAT)  >  YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.4 - 佐原和人・福井直子・山中たろう

YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.4 - 佐原和人・福井直子・山中たろう

9月30日から10月2日にかけてラフォーレミュージアム六本木にて“YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.4” が開催されました。 タグボートがオススメするDNAT佐原和人・福井直子・山中たろうの3名の出展作品、お取り扱い中! >> イベントの詳細はこちら

YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.4タグボート展示作品をWeb販売開始しました。


佐原和人

1975年東京都生まれ、東京在住。

手描きを表現の拠り所とし、「体温を感じる」制作を行う。また、水彩表現をさらに深めるため、膨大な数の原画を要する手描きのアニメーションも制作する。 国内外での個展、グループ展、映像上映、ワークショップ、その他イベント等で各ジャンルのアーティストとのコラボレーションを重ねるなど、幅広く活動。 また、都立駒沢オリンピック公園に壁画を制作(2005年)したほか、TV・雑誌等各所で作品が紹介されている。

福井直子

1977年、岐阜県に生まれる。
2002年トーキョーワンダーウォール入選、2009年第12回岡本太郎現代芸術賞入選。おもにビーズや刺繍を用いた平面作品を制作。 空間をひとつの部屋に見立てて絵画と一体化させたインスタレーションを展開した個展“絵のある部屋”(2007年)では、 装飾性と絵画性、平面と空間を融合し、より身近なアートの楽しみ方を提示した。
2007年 東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程
絵画専攻油画研究領域 卒業(博士号取得)
[公募展]
2002年 トーキョーワンダーウォール公募2002 入選
2008年 第23 回ホルベイン・スカラシップ第12 回岡本太郎現代芸術賞
[個展・グループ展 他]
2005年 「絵のある部屋」/SPICAart (東京)
2006年 「絵のある部屋」/SPICAart (東京)
2007年 「絵のある部屋」/INAXギャラリー2 (東京)
「Game Girl」大槻透&福井直子/FARM by hiromi yoshii (東京)
2008年 「海賊」/galeria de muerte (東京)
「0×100=」百人展/galeria de muerte (東京)
2009年 第12回岡本太郎現代芸術賞展/川崎市岡本太郎美術館(神奈川)
「"GIRLS" -vol.2-」/ガレリア デ ムエルテ (東京)
ULTRA002/SPIRAL (東京)

山中たろう

1974 東京生まれ
1997 京都造形芸術大学卒業

<個展>
1998 マンガパワー展 ギャラリーマロニエ、京都
1998 マンガパワー+展 同時代ギャラリー、京都
2000 マンガパワー展 複眼ギャラリー、大阪
2003 ワールズエンド展 Pepper's Loft Gallery、東京
2006 山中たろう展/個展 SQUAT GALLERY
2006 山中たろう :小寺絵里 展/二人展 アートカレッジ神戸
2007 山中たろう展/個展 ミュシカ(名古屋)
2009 景色の中/個展 GALLERY TRINITY[東京・六本木]
2010 football anthem/個展 Za Gallery[東京・本郷]
2010 LV36/個展 GALLERY TRINITY[東京・六本木]

<賞歴>
2005 東京コンペ#2/入選:審査員賞(森司賞)