トップページ > 次世代アーティスト発掘(DNAT)ニュース > 海外展覧会レポート 大槻透 台湾初個展“恋物浮世”

大槻透 恋物浮世

DNAT作家 大槻透 台北での海外初個展レポート

タグボートのDNAT作家として、既に多くの固定ファンがいる大槻透。
花鳥風月を感じる日本的な風景に、現代のファッション雑誌から抜け出した女性のイメージを同時に表現している彼の作品は、 日本を越えてアジアのマーケットでも評価が高いことを改めて認識させられた。
白羽の矢を立てたのは台北の「Ever Harvest Art Gallery」
台北市内のど真ん中にスペースを持つ老舗のコンテンポラリーアートギャラリーである。2009年12月12日〜12月31日に、同ギャラリーで華々しく大槻透の個展が開催された。


展示風景

展示風景

個展のタイトルは「恋物浮世」。
20点以上におよぶ大槻透の作品はスペースいっぱいに広々と展示され、フェティシズム的な女性の美しさと浮世絵を同居させた独特の耽美な世界が繰り広げられた。

彼の作品は、親日派が多い台湾のお客様に堂々たるインパクトを与え、会期中はかなり大きな反響があった。

INFORMATION
Ever Harvest Art Gallery
2009年12月12日〜12月31日
>> 大槻透 “恋物浮世”

展示風景

展示風景

展示風景


現地メディアの雑誌インタビュー

雑誌インタビュー

雑誌インタビュー

雑誌インタビュー

台湾を代表するアート雑誌2社からのインタビューをはじめ、台湾のテレビ界では著名なタレントであるミッキーさんも初日のオープニングに参加した。

雑誌インタビュー

ワインラベル

オーナー・ジェフリー氏


(中央)個展オープニングには大槻透の作品をラベルに貼った特製ワインが振舞われるなど、いたるところで大槻ワールドが広がっていた。
(右)Ever Harvest Art Galleryのオーナーのジェフリーさんとのツーショット写真。

台湾での大槻透の個展は大成功に終わった。 日本での彼の作品に対する評価はそのまま台湾でも通用することが証明され、さらに他のアジア各国でも認知が広がることが予想される。 Gallery TAGBOATがプロモーションするDNAT作家は、今後も国内のみならず海外を視野に入れた活躍が期待されている。 ホンモノだけが生き残る熾烈なアートの競争の中で、よい作品を広く世界に紹介していくための プラットフォームとしてタグボートはアーティストを支援していきたい。

春夏秋冬 大槻透 四季の女神シリーズ

大槻透の描く作品は、ライフスタイルも容姿も欧米化しつつある 現代女性のイコンでありながら、花鳥風月を感じさせる極めて 日本的な世界とも言えます。
古い時代の宗教画に盛り込まれた図像を解釈するように、 絵解きの楽しみさえ感じられます。
「部屋に花を生けるように自分の絵を飾って欲しい・・・」 作家自身が望む絵を楽しむスタイル。 そんな素敵な感覚で絵も楽しんで欲しい。 それが@Gallery TAGBOATの願いでもあります。 春の訪れを感じるお部屋にまずは1枚。 シリーズで集めて春夏秋冬を楽しんでみてはいかがでしょうか。

キャンドルの女神
大槻透
Toru Otsuki
33,600円
サイズ 50.2x17.8cm
技法 デジタルファインアーツプリント,キャンバス地パネル,ラインストーン
エディション ED-/30
ハロウィンの女神
大槻透
Toru Otsuki
33,600円
サイズ 50.2x17.8cm
技法 デジタルファインアーツプリント,キャンバス地パネル,ラインストーン
エディション ED-/30
お祭りの女神
大槻透
Toru Otsuki
33,600円
サイズ 50.2x17.8cm
技法 デジタルファインアーツプリント,キャンバス地パネル,ラインストーン
エディション ED-/30
お花見の女神
大槻透
Toru Otsuki
33,600円
サイズ 50.2x17.8cm
技法 デジタルファインアーツプリント,キャンバス地パネル,ラインストーン
エディション ED-/30