トップページ  >  次世代アーティスト発掘(DNAT)  >  DNAT作家 福井直子

福井直子
Interview インタビュー Works 販売作品
introduction

福井直子は、ビーズやスパンコールで装飾した鮮やかな平面作品やアクセサリーを制作する若手作家です。
空間をひとつの部屋に見立てて絵画と一体化させたインスタレーションを展開した個展“絵のある部屋”(2007年)では、装飾性と絵画性、平面と空間を融合し、より身近なアートの楽しみ方を提示しました。
彼女の絵画スタイルとして定着しているカラフルな輪郭線は装飾性と平面性を高めていますが、一方で凛とした強さを秘め、一瞬のきらめき逃すことなく絵画化しています。

■ 作家インタビュー ※見出しをクリックしていただくと内容が表示されます。

“YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2”出展の様子(2009.10)

出身地・生年月日
岐阜県 1977年生まれ

好きなアーティスト
 イリヤ・カバコフ  ジグマール・ポルケ  ジェームズ・タレル  フンデルト・ワッサー  マチス  クリムト モネ
(今ぱっと思いつく人だけです。もっといっぱい好きな作品はあります。挙げるとキリがないですが、私名前を覚えるのが苦手で・・・作品はいっぱい出てくる)
poul&joe cath kidston Michal Negrin  SATELLITE のデザイナーも大好き。

好きな映画
「Waterworld」「STARGATE」「Independence Day」「Star Wars」「Marie-Antoinette 」「レッドクリフ」「もののけ姫」「Starship Troopers」 黒澤映画など。 本気で細かいとこまでこだわってる映画が好き!ドキュメントモノの動物映画も好き!

 

好きな本
司馬遼太郎全般!! 吉川栄治「三国志」 椎名誠の旅行モノの本 マンガだけど「カムイ伝」 雑誌だけどファッション誌 インテリア雑誌や、洋書の宮殿とかの写真集みたいなのも好き!

 

好きな言葉
歴史に名を残す!!

よかった展覧会
昔に見たジェームズ・タレルの展示は良かった。予約して超体験しまくりました。人間の五感って結構アバウトで不思議。あと、汐留あたりでやってたアウトサイダーの展示。あの純粋さには勝てない気がした。後は、代々木でやったシャネルの展示。展示内容より、見せ方がサーカスみたいな感じでこういう展示の仕方もあるんだ〜と関心。後は・・・

行ってみたい場所
今まで自分が行っていないところはどこでも行きたい!生きてる限りの時間で体験できるものは何でもしたい。宇宙にも行きたい!

最近感動したこと
映画「火天の城」の大竹しのぶが演じていた棟梁の奥さんの生き方。初めて波に乗ったこと。多摩動物公園のライオンバス。きれいな夕日を見た時。

TAGBOATをご覧の方に一言
いつも観てくださってありがとうございます。一緒にキラキラしましょう!!

作品を制作する時に大事にしている事 自分の感覚、直感を信じること。固定概念にとらわれないようにすること。気づくとなぜだか固定概念にとらわれてしまう。自分にうそをつかないこと。美術だけにとらわれず、世の中のいろんなキラキラしていること、モノにも目を向けること。そして、常にこれでいいのか自分を疑うこと。このバランスが大事だと思う。後、いい時も悪い時も、一人の自分だと認めて人生楽しむこと。

今、恋してますか?
恋をしなきゃキラキラできない。世界中のキラキラしているものが大好きです!

■ 関連記事 ※見出しをクリックしていただくと内容が表示されます。