トップページ  >  次世代アーティスト発掘(DNAT)  >  シムラユウスケ 作品の魅力

シムラユウスケ ワンダーウォール2007入選作家
「HumanMuseum」 「Magictime」 作家プロフィール

アート・ディレクター広本が語る「HumanMuseum」シリーズの魅力

ニューヨークのマンハッタンに暮らす人々を被写体として、大きな成果を上げているシムラユウスケ。彼の作品は見知らぬ人々との、ある一定の距離感を保ちながら、ニューヨークという大都市の空間に人々を文字通り位置づける。建築写真や都市計画写真に類する、パースペクティブを際立たせた構図に、個々の人物を配した作品は単なるありふれたスナップではなく、精妙なコンポジションそのものだ。
人工の極であるアンドレアス・グルスキーの客観的な制作態度に近いともいえる。一方、外来者でありながら、帰宅を急ぐ彼らの目的地を想像して、Have a good weekend !! と声をかけるかのような、被写体の人物たちに対する普遍的な愛ともいうべき、フランクな親近感を感じさせ、不安な街の安堵する一面を垣間見せている。

広本伸幸氏(@Gallery TAGBOAT アートディレクター)

「HumanMuseum」より


タグボートで購入できる「HumanMuseum」シリーズはこちら

この作家のほかの作品を見る

シムラユウスケ 写真作品 「HumanMuseum」 シムラユウスケ 写真作品 「HumanMuseum」 シムラユウスケ 写真作品 「HumanMuseum」 シムラユウスケ 写真作品 「HumanMuseum」 シムラユウスケ 写真作品 「HumanMuseum」

DNAT アーティスト特集一覧へ