トップページ  >  次世代アーティスト発掘(DNAT)  >  宮城勝規 作品の魅力

宮城勝規 子どもの姿を借りて表出する繊細で異端な“もののけ”たち
作品の魅力 作家プロフィール

宮城勝規 注目ポイントはココ!
(Ohshima Fine Art 大島義之氏推奨)

宮城の表現は、見えないモノを見させてくれたり、感じさせてくれ、同時にそれ自体が、ピュアな行為でもあることを思い起こさせるきっかけを与えてくれます。 まるで、昔の司祭が、神や霊的なものを見たり、感じたりすることが可能だったことのように。
子供の姿を借りて表出するソレは、微妙な位置にほっこり佇んでいます。それは、あなたの横にいるのです。だから、少しよけてくれているのです。
また、こんな話にもヒントがあります。本来の相撲は神事であって、見えないカミサマを相手に組み合って、五穀豊穣などを祈った。〜と言われますが、本当は、カミサマもたまには遊びたい〜見かけは、土俵の上で、独り相撲を取っている状態です。(今でも、この独り相撲を継承している場所がある)
その普通では見えない、カミサマってなんでしょうか。其処彼処にいっぱいいるナニかだったと思います。たまには空をそーっと見上げてください。ほらそこにも・・・。
そんなナニかが感じられる事を大切に思う日本の風土が、かつてあったことも想像させてくれる宮城の子供(作品)たち。
その描かれるものは“カワイイ”現代・日本人の思想、リアリティでもあるのでしょう。 


タグボートで購入できる作品はこちら

この作家のほかの作品を見る

宮城勝規 絵画作品「Tell me」 宮城勝規 絵画作品「やじろべえ」 宮城勝規 絵画作品「Here I am」 宮城勝規 絵画作品「mew」 宮城勝規 絵画作品「Captain butterfly」

DNAT アーティスト特集一覧へ