トップページ  >  次世代アーティスト発掘(DNAT)  >  DNAT作家 大槻透初のエディション作品販売!

DNAT作家 大槻透初のエディション作品販売!|現代アート販売(通販)のタグボート

大槻透の描く作品は、ライフスタイルも容姿も欧米化しつつある
現代女性のイコンでありながら、花鳥風月を感じさせる極めて
日本的な世界とも言えます。
古い時代の宗教画に盛り込まれた図像を解釈するように、
絵解きの楽しみさえ感じられます。
「部屋に花を生けるように自分の絵を飾って欲しい・・・」
作家自身が望む絵を楽しむスタイル。
そんな素敵な感覚で絵も楽しんで欲しい。
それが@Gallery TAGBOATの願いでもあります。
春の訪れを感じるお部屋にまずは1枚。
シリーズで集めて春夏秋冬を楽しんでみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介する作品は、大槻透初のエディション作品となる
春夏秋冬シリーズからの第一弾となります。
日本の春といえば桜。桜といえばお花見。手に団子を持った優美な
見返り美人の名は「お花見の女神」。
作品下部に描かれた背景に目を移すと、作家が学生時代を過ごした
上野・不忍池の風景が広がります。

>>夏バージョン 「お祭りの女神」はこちらから
>>秋バージョン 「ハロウィンの女神」はこちらから
>>冬バージョン 「キャンドルの女神」はこちらから
>>冬バージョン 「キャンドルの女神」(プレミアムエディション)はこちらから

■ タグボートが作家監修のもと、エディション化した”タグボートオリジナルエディション”

お花見の女神
大槻透
Toru Ootsuki
  33,600円
サイズ 50.2x17.8cm
技法 デジタルファインアーツプリント
エディション ED-/30

作品は、作家が特別に描きおろしたオリジナル原画を元に、タグボートが作家監修のもと、総数30部でエディション化した”タグボートオリジナルエディション”です。次世代の版画技術とも言えるHP社*のデジタルファインアーツプリント技術を用い、長時間かけてキャンバス地に作品をプリントし熟練の技でパネルに貼りこんでいきます。更に、作品1枚1枚には原画の世界観を踏襲したラインストーンを施し、原画に勝るとも劣らないクオリティの高い貴重な作品となりました。(作品裏面には作家のサインとエディション番号が記載されたサインシールが貼付されます) 初めてアート作品を購入される方や、リーズナブルに本物のアート作品を楽しみたい方には、うってつけの作品とも言えるでしょう。

「お花見の女神」
制作年:2009年
ED:総数30
技法:デジタルファインアーツプリント,キャンバス地パネル,ラインストーン
サイズ:50.2×17.8×2.1cm
販売価格:33,600円(税込)

DFAとは?

創作物を通じて自らを表現することが仕事のプロフォトグラファー、画家、イラストレーターらのアーティストにとって、作品は“自分の分身”といっても過言ではありません。また、文化遺産のリプロダクションや保存にも、作品をプリント・複製する際の仕上がりには、高いプリントクオリティが要求されます。そこで、HP社*が推奨するDFA(デジタルファインアート)の技術が多くのシーンで既に採用されています。

HP社*のDFA技術は、日本におけるDigital Fine Art市場(DFA)の開拓と成長を図り、新たなプリント需要を創出することで、アーティストが安心して作品を出力できる環境の提供と、アートをより身近な存在にしていきます。

*HP社:ヒューレット・パッカード社