トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > 2008年11月アーカイブ

イベントニュース

月別アーカイブ:2008年11月

2008. 11. 28

表参道ヒルズ エディション 店内展示をいたしました。

表参道ヒルズ内のEditionでは、イギリス現代美術を牽引するダミアン・ハーストの2007年発表の超話題作、ダイアモンド骸骨をモチーフとした写真大作「For the Love of God, Laugh」を展示しています。

このダミアン・ハースト、1991年サーチ・ギャラリーでは、ガラスの水槽にホルマリン漬けの本物の人食い鮫を入れた作品、93年のヴェニス・ビエンナーレでは、牛と子牛を縦に真っ二つに切断してホルマリン漬けにした作品を発表し、常に話題となっていますね。本作のダイアモンド骸骨の本体が、120億円という破格の価格で売買され、世界中の物議をかもしたのは、記憶に新しいのでは?

12月下旬までの展示となっておりますので、表参道をお散歩がてら、是非お立ち寄りくださいませ。

因みに、作品の主題は「生と死」。なるほど。

>>ダミアン・ハーストの作品一覧はコチラ

 骸骨ってどうかな?と思ったのですがハマりました。
空間にピタッとハマると楽しいです。
 
 遠くからでも「それ」とわかる迫力。
 
展示されているダミアン・ハーストのその他作品に関しては、タグボートにて購入いただけます。
>>ダミアン・ハーストの作品一覧はコチラ


協力:アート・オフィス・シオバラ
表参道ヒルズ エディション
東京都渋谷区神宮前4-12-10 表参道ヒルズ2F
TEL:03-3403-8086
 
DNAT展覧会情報 2008. 11. 26

篠島紗恵子 クリエイター向けフリーペーパー「cultivater03」に対談記事が掲載 cultivater03 「KIOKU to KIROKU」

「記憶と記録」だれしもが過去を刻み記憶を持つ。今回のテーマには人の記憶に触れるもの、そしてそれをcultivater上で記録するというもの。まずは「秋」をテーマにヘアメイク、スタイリングをしたモデルを撮影。その撮影をした写真を6名のデザイナーに渡し、グラフィックを制作してもらった。写真によっての「記録」はデザイナーが描きだす「記憶」によって上書きされています。
また、記憶を記録し、BLOGで日々を綴るトイカメラマン雨樹一期さんのインタビューをはじめ、同性、同年のアーティスト篠島紗恵子さんと槌本紘子さんの記憶(作品)の記録方法(つくり方)を伺いました。

■特集「KIOKU to KIROKU」
GRAPHIC/harmonica bldg.、杉田遥、武田浩志、EXTRACT、白鳥絵美、川尻固広 PHOTO/ASAKO YOSHIKAWA HAIR MAKE/macro.
MODELS/川内優加、加藤麻理子、畑山愛実、中野未奈、山本美里、塩見遥
STYLING/たなかちさと、asabee CLOTHES/MOTHERLAND、PALE FACE
GOODS/Piccolina
■Interview & Information
プロダクトデザイナー 坪井浩尚
■interview
トイカメラマン 雨期一期
■Museum Introduction
CAI02
■Cultivater's Issue
アーティストおみあい 篠島紗恵子×槌本紘子
■ADVANCE REVIEW
赤坂真一郎、石川伸一、サトウアサミ、Futaba.、前田麦

モスリンケージHP http://www.mosslinkage.com/project/cultivater/index.html
cultivater HP http://www.cultivater.jp/">http://www.cultivater.jp/
篠島紗恵子HP http://shinojima.main.jp/

 
その他展覧会情報 2008. 11. 20

エディション丸の内店プロデュース

展示替えをしました。

エディション丸の内店、11月18日に展示替えをしました。

ドナルド・サルタンのバーゼル・アート・フェアにも出品された2008年の新作2点と、鮫島大輔の「Flat Ball」シリーズからの新作1点、あわせて3点が展示されています。

10月に展示していたシャープでヴィヴィッドなヴィック・ムニーズから一転、寒い冬にあわせた暖かくやわらかい展示に仕上げております。
これからのイルミネーションの季節、丸の内にお寄りになる際は、是非こちらのアートもご鑑賞くださいませ。

>>ドナルド・サルタン展示中の新作2点の 詳細はこちら
>>10月展示の様子(ヴィック・ムニーズ)はこちら

今回は、やわらかな雰囲気のドナルド・サルタンを展示。
左が「Japanese Pines」右が「Hanging Lantern」。
力強い京城と鮮やかな色のコントラスト。
単純なモチーフですが存在感が光ります。
 
こってり塗られたサルタンの重厚な作品。 暖色の色使いが優しい空気感を店内に運びます。
 
鮫島大輔の「Flat」。
シリーズ新作!
本作は夜の街をモチーフにした作品
 
土台は透明アクリル。
ボールが浮いているように見えます。
都会的な店内の装飾に、都会を映し出す鮫島の立体がハマリました。
 
ドナルド・サルタン作品は、エディション 丸の内店とタグボートの両方で購入いただけます。
>> ドナルド・サルタン
エディション 丸の内店
千代田区丸の内 2-2-3
丸の内中通りビル1F
Tel.03-3286-5105
Open.11:00/Close.20:00
 
DNAT展覧会情報 2008. 11. 12

篠島紗恵子 個展「さこのまわりのワンちゃんズ+ねこ」

"出会い" 油彩、鉛筆、アクリル、フェルト、麻布に膠 Φ65cm,2008 ※展示作品は展覧会終了後、タグボートサイトからご購入いただけます。

篠島紗恵子による油絵とドローイングの新作を中心とした個展です。ゴールデン街にあるbar Pitouが会場です。恋人が変わりましたので、個展を開きます。


会期:2008年11月15日(土)~12月14日(日)
会場:bar Pitou2F
〒160-0021新宿区歌舞伎町1-1-7花園5番街
TEL:03-3208-5405
開廊:月 20:00 - 0:00 火~日 20:00 - 4:00
会期中無休
出品作品数:約30点

※展覧会期間中、DMをご呈示された方につきワンドリンクすべて700円にてサービスいたします。
※入場無料です。

オープニングパーティー:
会期:11月15日(土)18:00 - 20:30