トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > 2009年12月アーカイブ

イベントニュース

月別アーカイブ:2009年12月

ギャラリー展覧会情報 2009. 12. 22

荒木経惟 "少女世界" ギャラリー・ハシモトSPACE355にて開催

展覧会名:荒木経惟「少女世界」
会期:2010年1月12日(火)-30日(土)
12:00-19:00(日月・祝休廊)
会場:ギャラリー・ハシモト(space355-101)
103-0004東京都中央区東日本橋3-5-5矢部ビル1F SPACE355-101
URL:http://www.space355.jp/


ギャラリー・ハシモトでは、2010年の幕開けの展覧会として、
世界中で活躍する写真家・アラーキーこと荒木経惟の1984年のシリーズ
「少女世界」展を開催いたします。


本展では1984年にツアイト・フォトにおいて発表された作品十数点を
当時のヴィンテージプリントで展示いたします。
同年に発表された作品集「少女世界」が絶版で再版のめどがたっていない
ということもあわせまして、作品を見る大変貴重な機会となります。


是非この機会に今から四半世紀前、少女から女が垣間見えながらも、
瑞々しい透明感にあふれたモノクロームの荒木経惟の世界をお楽しみください。


>> 荒木経惟 作品詳細はこちら

 
ギャラリー展覧会情報 2009. 12. 21

"平敷兼七展" TARO NASUにて開催中

平敷兼七《嘉手納基地》(1970), gelatin silver print

平敷兼七展
会期:2009年12月5日(土)―26日(土)
火~土 11:00-19:00 日月祝 休
冬期休廊:12月27日(日)―1月11日(月)
* オープニングレセプションは開催いたしません。
会場:TARO NASU(東京)
URL:http://www.taronasugallery.com/


12月のTARO NASUは平敷兼七展を開催いたします。

平敷兼七は1948年沖縄生まれ。
高校時代に写真に魅せられ、卒業後に東京総合写真専門学校で撮影技術を学んだ。
平敷が生涯かけて撮り続けてきたのは沖縄の風土、そして家族の生活を支えるために「職業婦人」となった女性たちや、サトウキビ畑や漁場で働く男達などそこに生きる人々のありのままの姿だ。
2007年に、平敷の仕事をあつめた写真集『山羊の肺 沖縄 一九六八―二〇〇五』が刊行されたが惜しくも今年10月に急逝した。


東京での本格的な作品展示は今回がはじめてとなる。


本展覧会では、沖縄が本土に復帰する1972年前後に撮影された写真のヴィンテージを含むオリジナルプリント100点以上を展示の予定。

 
ギャラリー展覧会情報 2009. 12. 16

アート・プロデュース・ユニット「モリ-ノミヤマ」
ユニット企画第1弾 "モエイヅルPOP"

photo by TANKA © 2009 TANKA

ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アートの
アート・プロデュース・ユニット「モリ-ノミヤマ」、デヴュー。 
ユニット企画第1弾「モエイヅルPOP」


会期:2009年12月18日(金)-2010年1月23日(土)
会場:ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アート
URL:http://www.g-sho.com/


森晃子と野見山佳恵による、アートを仕掛ける未来派プロデュース・ユニット「モリ-ノミヤマ」が始動します。エキセントリックでチャーミーな私たちは、ふたりのしたたかな美意識と自由な発想を融合し、世界中のアート畑にセンスとセンシティビティーの表現という名の種を蒔きます。初の企画展「モエイヅルPOP」で、皆様を初見聞な日常世界へと誘いましょう。

 
DNAT展覧会情報 2009. 12. 16

グラフィックデザイン誌『アイデア』No.338 にトモエ掲載


国際的なグラフィックデザイン誌『アイデア』最新号(No.338 特集:ポスト・ポップ・グラフィックス)にてタグボートDNAT作家・トモエが紹介されています。
カラーページ見開きで作品が紹介されているほか、詳細なインタビューも掲載されています。
書店にお立ち寄りの際は是非チェックしてみてください。


idea magazine
IDEA NO. 338 : ポスト・ポップ・グラフィックス

12月10日発売
Published: 2010/01
Price: 2,829 jp yen
URL: http://www.idea-mag.com/jp/publication/338.php


特集:ポスト・ポップ・グラフィックス
太公良,大原大次郎,サダヒロカズノリ,横山裕一,我喜屋位瑳務,トモエ/イラストレーターズ Flat & Bold:JUN OSON,Shu-Thang Grafix,田中英樹,清水裕子,中村佑介/フローティング・ドローイングス:ポストポッパーズ[藤城嘘,リリカルロリカル,穏やか,梅ラボ] ,えさしか,あやの,スズコ,MYNA,ニシムラマホ/写真集『東京Y字路』刊行インタビュー横尾忠則 Y字待ち 聞き手:立花文穂/デザインを言葉に 言葉をデザインに インタビュー:スティーブン・ヘラー/〈特別収録〉akatoki 創刊準備号「中垣信夫インタビュー」 企画編集・デザイン:岩田安代,大野あかり,川本要,戸塚泰雄


トモエ Critical Typographic-Hits
みずからが慣れ親しんだ90年代の男の子カルチャーと,欧文のフォルムや音にときめかざるをえない戦後日本の精神性を率直に見つめ,「いまここの日常」から生み出されてくるトモエのタイポグラフィック・アート。


>> トモエ 作品の詳細はこちら

 
DNAT展覧会情報 2009. 12. 09

渡辺おさむ アニマミックスビエンナーレ 2009-2010 選出

会場:上海現代美術館(MOCA)
Address:People's Park, 231 Nanjing West Road, Shanghai, 200003, China
会期:12月12日~1月31日
http://www.mocashanghai.org/
その後、北京現代美術館、台北現代美術館(MOCA)を巡回予定


キュレーターによって選出された世界規模で活躍するアーティストによる、大規模な展覧会、アニマミックスビエンナーレに渡辺おさむが選出されました。
渡辺おさむにとって2007年上海現代美術館で行われた「ECO x DESIGN展」に続き2度目の海外の美術館での展覧会です。
アニマミックスビエンナーレは、上海現代美術館を始め、2010年にかけて、台湾、北京の美術館を巡回します。


>> 渡辺おさむ 作品詳細