トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > 2010年1月アーカイブ

イベントニュース

月別アーカイブ:2010年1月

ギャラリー展覧会情報 2010. 01. 27

天明屋尚 展 "風流(ふりゅう)" 開催中

思念遊戯
2009
アクリル絵の具、金箔、木
180x165.5cm
Courtesy Mizuma Art Gallery

天明屋尚 展 "風流(ふりゅう)"
会期:2009.12.16 - 2010.01.30
会場:Mizuma Art Gallery
URL:http://mizuma-art.co.jp/


天明屋の1月30日まで開催中の個展タイトルは「風流」は「ふりゅう」と読みます。
「ふりゅう」とは人を驚かせるために華美な趣向を凝らした意匠を指し、婆娑羅や傾奇者とともに侘び・寂びとは正反対の美意識を指します。中心となる作品「思念遊戯」では金箔を背景に闘う二人の男性の刺青から、それぞれタコとコウモリの形をした想念が闘気のように現れるという天明屋の得意とする異質なモチーフの混合が描かれており、その額縁や装飾にも趣向を凝らします。また、絵の世界に兵法を適用したという、宮本武蔵の五輪の書にアイデアを得た5枚組みの作品も展示されます。いずれも天明屋の研ぎ澄まされた美意識と、伝統が絶妙に混ざり合った作品となっており、実際の人の肌では再現する事の出来ない緻密な表現にも注目です。
均一化された社会の中で、独自の視点で新たな価値観を作り上げていく天明屋は、日本の美のあまり語られる事のなかった側面に私たちの目を向けようとしています。また、刺青とそれを取り囲む世界の独特の美学、受け継がれてきた知恵と練成されたテクニックをより広く紹介していきたいという意図も込められているのかもしれません。


※このたびギャラリータグボートでは、天明屋尚と山口晃のエディション作品より、新たに再入荷された作品を一挙に販売することになりました。


天明屋尚
1966年東京生まれの天明屋はレコード会社でアートディレクターとして勤務した後、現代美術家としての活動をスタートさせました。自らの作品を"ネオ日本画"と命名し、絵筆で闘う"武闘派"を立ち上げ、国内外の展覧会への参加や日本経済新聞連載小説の挿画の制作、FIFA2006ワールドカップ公式アートポスター、映画の美術を手がけるなど幅広い活動が注目されています。
>> 作品の詳細はこちら


山口晃
合戦図、時空の混在、更には画面を埋め尽くすように描き込まれた街の鳥瞰図等のモチーフを使い、観客を飽きさせないユーモアとシニカルさを織り交ぜた作風です。
大和絵や浮世絵のようなタッチで、非常に緻密に人物や建築物などを描き込む画風で知られています。武士を馬型のバイクに乗せたり、現代の超高層ビルに瓦屋根を載せて描くなど、作品の多くが自由でユーモラスな発想で描かれています。書籍の装丁や広告のポスターの原画も多く手掛けています。
>> 作品の詳細はこちら

 
ギャラリー展覧会情報 2010. 01. 27

大竹司 個展 "V I N Y L " 開催

大竹司
Medusa メデューサ, 2009
麻、アクリル絵具
H86xW86cm
Unique

大竹司 個展 "V I N Y L "
会期:2010年1月9日(土)- 2月6日(土)
開廊時間:11:00~19:00、日月祝休廊
オープニングレセプション: 2010年1月9日(土)18:00-20:00
会場:山本現代
URL:http://yamamotogendai.org


 山本現代にて、2010年1月9日より大竹司個展"ビニル"が開催されます。

 三年半ぶりとなります今回の個展では、新作ペインティングと切り絵をご紹介いたします。
大竹は日常に紛れた奇妙なもの、「知らない間に生活に入り込んでいるというか、なんとなく受け入れてきた奇妙な関係や、微妙なものに興味がある」といいます。
 たとえば《Medusa》(2009)では、あたかも自然の風景の断面のように地上/地中世界が描かれています。擬人化された極彩色の虫たちは明らかに過剰ですが、「あるのかもしれない」風景とも言えます。大竹は、日常から少しずれた風景、もしくは日常の中に紛れ込んでいる奇妙なオブジェクトを拾集し、まるで「ビニル」の中に詰めたように配置することでひとつに統一していきます。それは本来ならば隣り合わせにならないようなものの集合体、もしくは日常見過ごしてきた風景であり、不穏さを強調することで独特の世界観を形成しています。
 また新作の切り絵《CAROL》(2009)では、デフォルメされた動物たちの中心に三つ編みの骸骨の少女が仁王立ちしているという大竹独自の、不思議な設定による世界が広がっています。作品の一部にマットなアクリルを被せることでクリアに見える部分とぼやけて見える部分を作り出しており、2Dの切り絵に「ぼかし」を発生させることでさらに奥行きのある歪んだ、曖昧な世界へと変化させています。
大竹司の作品及び世界観を、是非この機会にご高覧下さい。

 
DNAT展覧会情報 2010. 01. 22

渡辺おさむ個展"Mermaid's tears ~人魚の涙~"開催/お菓子のエステルーム公開

展覧会名:Mermaid's tears ~人魚の涙~
会場: MIKIMOTO COSMETICS GINZA SALON DE BEAUTE
会期:2010/1/29(金)~2/14(日)11:00~20:00
会場:MIKIMOTO Ginza2 6F
〒104-8145東京都中央区銀座2-4-12


渡辺おさむ氏による、MIKIMOTO Ginza2 6階ミキモトコスメティックスギンザのイベントスペースでの作品展示とエステルーム1室まるごとデコレーション。
ファンタジックでスウィートな作品が空間を楽しく飾ります。


《ワークショップ参加者受付中》
渡辺おさむ氏によるワークショップ 2/6(土)7(日) 11:00~ /14:30~
※要予約 参加費3,675円
※ミキモトコスメティックスのコットンケースをスィーツに見立ててデコレーションします。


お問い合わせ・ご予約
ミキモト コスメティックス ギンザ サロン・ド・ボーテ
www.mikimoto-cosme.com
tel.03-3538-5852 11:00~20:00 不定休


>> 渡辺おさむ 個展 "Mermaid's tears ~人魚の涙~" 特集はこちら

 
DNAT展覧会情報 2010. 01. 21

DNAT作家 寺澤伸彦がトーキョーワンダーサイト主催のオープンスタジオに登場します!

トーキョーワンダーサイト青山 レジデンスの様子

クリエーター・イン・レジデンスでは、国内外から集まったクリエーター達が
様々な人と出会い刺激を受けながら創作活動をしています。
そうした制作の現場を一般に公開するイベントとして「OPEN STUDIO」を
定期的に開催しています。


各分野のスペシャリストをお迎えしている「ゲストトーク」には今回、
森美術館 チーフ・キュレーターの片岡真実氏をお招きします。
皆様お誘いあわせのうえ、是非ご参加ください!


日時:2010年1月23日 14:00-18:00
入場料:無料
主催:財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
会場:トーキョーワンダーサイト青山:クリエーター・イン・レジデンス
アーティスト:
アバケ [カイサ・サラ・スタハル&マキ・スズキ] ( アーティスト/英国/海外クリエーター招聘プログラム)
ラクウェル・オ-メラ(アーティスト/オーストラリア/海外クリエーター招聘プログラム)
ジュンホ・チョン(アーティスト/韓国/海外クリエーター招聘プログラム)
ヤオ・ジョンハン(アーティスト/台湾/二国間交流事業プログラム)
ニコラ・ルリーヴル(アーティスト/フランス/二国間交流事業プログラム)
べッティーナ・ダニエレ・ベルジェール(フルーティスト/スイス/国際推薦人プログラム)
桑原ゆう
寺澤伸彦
村上華子
山本高之
(以上、国内クリエーター制作交流プログラム参加クリエーター)

スケジュール:14:00-オープンスタジオ
14:00-15:30 ゲストトーク
「日本のアートシーン|この20年の変遷」
ゲスト: 片岡真実(森美術館 チーフ・キュレーター)
15:30-18:00  オープンスタジオ

 
ギャラリー展覧会情報 2010. 01. 14

"Mancy's Tokyo Art Nights"開催、タグボート出展

Mancy's Tokyo Art Nights
会期:2010年1月30日(土) 16:00~24:00
   2010年1月31日(日) 12:00~21:00
   ※1Fトラットリアの営業時間は、11:30~29:00です。
オープニングレセプション:2009年1月30日(土) 21:00~
入場料:無料
会場:Mancy's Tokyo 東京都港区麻布十番1-3-9 TBC麻布 TEL:03-5574-7007
   http://www.trhd.jp/mancys/top.html
主催:東京レストランホールディングス株式会社
運営:Gallery Triwizart Co.,Ltd.
詳細:http://www.tagboat.com/event/2010mancys.htm


麻布十番のLuxury Salon+Cafe 「Mancy's Tokyo」を舞台に、1・2Fの個室を利用してアートフェアを開催、 国内外のギャラリーがコンテンポラリーアートを展示します。 アーティストやギャラリストと身近にコミュニケーションしながら、お気に入りのアート作品を手に入れるチャンスです。
また1Fのトラットリアでは、リラックスした雰囲気でお酒や食事が楽しめるよう、 アートラバーズのためのパーティー仕様2日間限定で1drink500円から飲み物をご用意しております。
現代アートを心ゆくまで楽しむ2日間。ぜひこの機会に、「Mancy's Tokyo Art Night」で、アートとおしゃべりをお楽しみください。


出展ギャラリー
hpgrp GALLERY東京(東京)、AAAA(香港)、nca | nichido contemporary art(東京)ギャラリータグボート(東京)、Gallery2(ソウル)、ギャラリーテラ東京(東京)モリユウギャラリー(京都・東京)Y++・ワダファインアーツ(北京・東京)Aki Gallery(台湾)


タグボート出展作家
bdap鮫島 大輔寺澤 伸彦渡辺 おさむ川久保ジョイ福井直子内田文武佐原和人榎本貴政シムラユウスケ


>> Mancy's Tokyo Art Nights 詳しい情報はこちら