トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > 2010年8月アーカイブ

イベントニュース

月別アーカイブ:2010年8月

ギャラリー展覧会情報 2010. 08. 30

進藤 環 個展 “Wandering dunes”

進藤 環「Wandering dunes」
会期:2010年9月3日(金)〜10月31日(日)
Reception Party:2010年9月3日(金)19:00〜21:00
会場:H.P.FRANCE WINDOW GALLERY MARUNOUCHI@丸ビル1F
URL:http://www.artdiv-hpf.com/window/


進藤環の創り出す、違和感を覚える自然の風景は記憶のどこかと結び付こうと頭の中を駆け巡るが、決して結び付くことは無い。なぜならその風景は現実に存在していないからだ。
進藤はあちらこちらで撮りためた木や草、花の写真をハサミで切り取り、加筆やカラーコピーを繰り返すことで不自然な自然を生み出す。低地の草も高地の苔も、北国の樹々も南方の花も混在する風景。秩序があるようで無い世界は、無秩序な混沌よりも静かな緊張感が漂っている。


《作家コメント》
風が止んだと思ったら、足元の砂が後ろに動き始めた。
隕石が落ちた跡にできた窪みに水が溜まっている。
空を見ると、少し赤みがかった明るい色が広がり、遠くで鳥が
うるさく鳴いている。突然、嗅いだことのない匂いにつつまれ
砂は水溜りに吸い込まれていった。

―進藤環

 
ギャラリー展覧会情報 2010. 08. 25

熊谷晃太 個展 "カタツムリに出世した山羊"

出展作家:熊谷晃太 KUMAGAI Kouta
展覧会タイトル:「カタツムリに出世した山羊」
会期:2010年8月28日(土)~9月18日(土)
  13時~19時 日月火祝休み 
オープニングレセプション:8月 28日(土) 18時~20時30分
会場:Ohshima Fine Art


熊谷晃太 略歴
1981年 秋田県鹿角市生まれ
2004年 弘前大学教育学部卒
    個展「SEELEN FRIEDEN」 gallery DENEGA、青森
2006年 個展「Scenery」 gallery DENEGA、青森
2007年 グループ展「アヲコン」gallery harappa、青森
    「宮城勝規×熊谷晃太」展 HIROO FIVE、東京
    「ヘイリアジア青年作家プロジェクト」 韓国、ヘイリ
2009年 「SUMOAURA-相撲オーラ」十和田市現代美術館、青森
2010年 グループ展「雪×あかり」gallery harappa、青森
    SPRING SHOW-Room with a view-ten artists, ten creations/Ohshima Fine Art

 
その他展覧会情報 2010. 08. 25

ワンピース倶楽部展 Vol.3 "はじめてかもしれない"

ワンピース倶楽部展 Vol.3 "はじめてかもしれない"
会期:8月28日(土) 18:00 ~ 20:00
オープニングレセプション:
   8月29日(日) 12:00 ~ 20:00
   8月30日(月)~31日(水) 15:00 ~ 20:00
会場:MEGUMI OGITA GALLERY
   104-0061 中央区銀座2-16-12銀座大塚ビルB1


現代アートを買うのは初めてかもしれない
こんなに好きな作品に出会えたのは初めてかもしれない
買った作品を人に観てもらうのは初めてかもしれない

 
ギャラリー展覧会情報 2010. 08. 13

坂本佳子 個展 "Honolulu's Chinatown"

坂本佳子 個展 "Honolulu's Chinatown"
会期:2010年8月18日(水)- 9月4日(土)
レセプション:2010年8月27日(金)18:00 - 20:00
会場:Wada Fine Arts
URL:http://www.wadafinearts.com/


ホノルルの少し寂れたチャイナタウンに漂う独特のムードからエッセンスのみを抽出し、再構築する。

 
DNAT展覧会情報 2010. 08. 11

山中たろう 個展 "LV36"

山中たろう個展「LV36」
会期:2010年8月17日(火)~8月28日(土)
※8月8日(日)から8月16日(月)迄夏期休廊
会場:ギャラリー・トリニティ
時間:12:00~20:00 火曜日~金曜日
   11:00~20:00 土曜日
オープニングパーティー&アーチストトーク:8月17日(火)18:00~


「ファミコン世代ド真ん中の自分も含めRPG(ロールプレイングゲーム)
には同世代の人々も相当の洗礼を受けているはずなのだが
LV36という位置は何とも中途半端なところで、
ラスボスを倒せる訳でも無いが
でもなんだかそこそこの強さと...
そんな事を考え今の36才となったこの年齢とこのLV36をダブらせ
この個展のタイトルとしました。
今出来る事を平面作品として表現し
同世代の人もそうでない人も何かしら引っかかってくれたらと思います。」

是非ご高覧ください。


>> 山中たろう タグボートで買える作品はこちら