トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > 2012年1月アーカイブ

イベントニュース

月別アーカイブ:2012年1月

DNAT展覧会情報 2012. 01. 27

neutron tokyo 任田 進一 展 “ 屹立する白 ”

会期:2012年2月1日 (水) ~ 19日 (日)
    [ 会期中 2月6日, 13日 月曜閉廊 ]
会場:neutron tokyo
※開催初日18:00より、作家を交えての
 無料オープニングパーティーを開催。(20:30終了予定)
※最終日の展示は18:00までとなります。


DNATの任田 進一が、2月1日より、neutron tokyoにて、個展を開催いたします。


静謐なモノクロームの画面上、漆黒の宇宙に放たれた白い液体は、その獰猛さと生命力を昇竜のごとく発揮する。
自然や土を用いた現象写真で知られる気鋭の作家が、「3.11」後に取り組む新たな素材となる「ミルク」。
流麗で耽美、時に野生を秘めたエロスさえ感じさせるその様相は、人智を超えた魅力を突きつける。
「動的平衡」を瞬間に秘める写真には、動きの中に見出される黄金の瞬間が見出されるだろう。


 >>展覧会について詳しくは、こちら。

 
ギャラリー展覧会情報 2012. 01. 27

ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アート “ Minimal / Conceptual ”

LOUISE LAWLER : UNTITLED (PIERO MANZONI AND OTHER ARTISTS) WHITE, 1981/1993, ED14/30, 150x184mm, 5 7/8x7 1/4in., C-PRINT
©LOUISE LAWLER 2012

会期:2012年1月30日(月) - 3月17日(土)
閉廊日:日曜、祝日
営業時間:平日 11:00-19:00 / 土曜 11:00-17:00
http://www.g-sho.com/current/


ギャラリー・ショウ・コンテンポラリー・アートにて、抽象的である中にも、ミニマルさとコンセプチュアルさも包括的に含む作品を厳選した展覧会「Minimal / Conceptual」が開催されます。


展示作家の一人、Louise Lawlerは、芸術作品を異なる展示空間やシチュエーションにおいて捉えなおした構成の写真を撮り続けています。彼女は写真というメディアをとおし、その中で複数のコンテクストが介入しあうことによって、鑑賞者のなかに既存の価値や解釈を解体していきます。


展示予定作品には抽象絵画とは括りきれない写真・絵画作品を含みます。
しかしその単体性はディレクター佐竹ならではのインスタレーションによって汎用化され、やがては凝縮された美と明確なコンセプトだけが残ります。各作品が放つ強い印象と、その余韻をお楽しみください。


出品予定作家:
Vito Acconci, Chris Burden, Enrico Castellani, Vija Celmins, Sarah Charlesworth, Max Ernst, Peter Halley, J. C. J. Van Der Heyden, Jeff Koons, Imi Knoebel, Louise Lawler, Glenn Ligon, Julia Mangold, Robert Motherwell , 難波田史男, Serge Poliakoff, Ugo Rondinone, David Simpson, Theodoros Stamos, Donald Sultan, Don Van Vliet


 
その他展覧会情報 2012. 01. 18

トーキョーワンダーサイト渋谷 “ワンダーシード2012” 開催

ワンダーシード2012
会 期:2012年2月4日(土) - 2月26日(日)
休館日:月休
時 間:11:00 - 19:00(最終入場は30分前まで)
入場料:無料
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
会 場:トーキョーワンダーサイト渋谷


若手アーティストを対象に公募を行い、入選作品を展覧会場にて販売をする「ワンダーシード」。
「BUY=SUPPORT」(作品購入が若手アーティストの支援となる)をコンセプトに、若手アーティストの作品と多くの美術愛好家が出会える場をつくることを目的として、2003年に始まりました。
10号以下の小作品が応募対象のため、家でも気軽に飾りやすく、アートを購入するのは初めてという方もアートの楽しみを知るきっかけになることでしょう。作品は、様々な立場からアートに関わる、現代アートに造詣の深い審査員によって選出されています。


アート作品の購入は初めてという方にも親しみやすい“ワンダーシード2012”の作品は、展覧会場で、直接ご購入いただけます。また、2月3日(金)夜10時より、タグボートでオンライン販売いたします。


会場でのご購入
TWS渋谷の展覧会会場でワンダーシードの作品を販売します。
展覧会を見て気に入った作品はその場で購入することができます。
販売期間:2012年2月4日(土) - 2月26日(日)

オンライン販売
ご自宅からでも作品を購入できます
現代アート販売(通販)の@GalleryTAGBOATにてワンダーシードの作品の購入ができます。
販売期間:2012年2月3日(金)22:00 より、 3月31日(土)まで。

 
DNAT展覧会情報 2012. 01. 18

佐原和人 アートとアロマのコラボレーション
「観香倶楽部」初春ワークショップ開催

東京八景 其の壱 / Eight Scenic Spots of Tokyo #1 和紙、アクリル彩色、木枠張り / Acrylic paints on Japanese paper, a wood frame 242×1665mm 2008

アーティスト佐原和人氏とARTAROMAREA(アートアロマレア:小泉亜里&川島尚子)がアートとアロマのワークショップを開催します。


人にはそれぞれいろいろな香りの記憶がある一方で、眼でものを見て描く絵画では、香りを「観る」ことで何が描けるのか、ということに佐原さんがチャレンジします。
その源となる香り、アロマのブレンドオイルを参加した皆様に作っていただき、それをきっかけに、その場で絵画作品の制作を始めます。参加者のみなさんには、その後継続的に制作過程をお知らせし、完成した暁には、作品をじかにご覧いただく会が開催されます。


佐原和人:

主に絵画作品や映像作品を手がけ、浮世絵から続く日本的感覚をふまえた上で「体温を感じる」制作を行い、国内外での展示やイベント等で幅広く活動している。


ARTAROMAREA:

IFA(国際アロマテラピスト連盟)認定アロマテラピスト二人からなるユニット。視覚(アート)と嗅覚(アロマテラピー)の融合を図る取り組みを積極的に行い、EMON PHOTO GALLERY、neutron tokyo 、island等で活動を行っている。


日時:平成24年1月20日 (金) 19時~21時
会場:Studio AKAT世田谷区北沢2-2-14 MOAビル4階
    小田急線・井の頭線下北沢駅南口徒歩5分
参加費:5,000円(アロマブレンドお持ち帰り、軽食アルコール付)
定 員:10名


申し込み・問い合わせ先
川島尚子(アロマサロン「パチュリ」)宛
電話 042-720-7921(月曜定休)
e-mail:patchouli@ba2.so-net.ne.jp
ご連絡メールフォーム:http://ws.formzu.net/fgen/S18795933/