トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > 2012年10月アーカイブ

イベントニュース

月別アーカイブ:2012年10月

その他展覧会情報 2012. 10. 04

新進作家ピックアップの大槻素子 個展“ぼんやりと遠くに見える”開催

Motoko Otsuki, Dimly senn in the distance, h727 x w910 mm, oil on canvas, 2012

“ぼんやりと遠くに見える”
会期 : 2012年10月6日(土) - 11月9日(金)
※10月25日(木)~31日(水)はアートフェア出展のため休廊
オープニングレセプション : 10月6日(土) 17:00~19:00 作家在廊
会場 : タカシソメミヤギャラリー
〒112-0014 東京都文京区関口1-24-8
※最寄り駅 東京メトロ 江戸川橋駅 (1a出口) 徒歩5分
TEL : 03-3267-0337
営業時間 : 13:00~19:00
※企画展以外の営業時間につきましてはお問い合わせください。
定休日 : 日、月、祝日


10月6日(土) より、新進作家ピックアップの大槻素子の個展が、東京、江戸川橋のタカシソメミヤギャラリーで開催されます。


大槻といえばショートケーキを描いた作品が知られています。それは「パーティー」と題され、楽しそうなパーティーの最中に、自分の居場所がない不安に駆られる瞬間の感情を描いています。他にも初個展当時から風景や水景、夜景などを発表していますが、その根底にある瞬間的に感じる不安を描くというテーマは一貫しています。


そして今回はあらためて風景に挑戦しています。誰もが見覚えのある、しかし鑑賞者それぞれが自由に解釈できるような景色を、いつものスピーディーな筆使いで、でも記憶の奥底を探るような柔らかい色でぼんやりと、紡ぎ出していきます。彼女ならではのゆらぐような心象風景に、身も心も浸ってみてください。


■作家コメント■
描きたいテーマはいつも同じです。私は作品と自分をいつも遠くに離したいと思いながら描いています。現実との違和感や自分の周りのものとの距離がうまくとれず、近づいたり離れたりするような感じと近いかもしれません。タイトルはそういう距離感を表せたらと思いつけました。


>> くわしくは、こちらをご覧ください。


<大槻素子 タグボート取り扱い作品はこちら>

 
DNAT展覧会情報 2012. 10. 02

川久保ジョイ+伝統的工芸“飾る・愛しむ・仕舞う - open vortex blue - ”

天地海空(The Waterfront #3) (500×500mm、 素材:Pigment print)

アート×伝統的工芸
川久保ジョイ+伝統的工芸
“飾る・愛しむ・仕舞う - open vortex blue - ”

会期:2012年10月9日(火) - 16日(火)
会場:銀座三越8階ギャラリー
〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
TEL. 03(3562)1111
営業時間:午前10時~午後8時


銀座三越にて、10月9日(火)より、川久保ジョイと、伝統的工芸品の中から「仕舞う」工芸品、箱を紹介する展覧会が開催されます。
茶道に代表されるように、人間の所作を「美」にまで昇華させた日本文化。「飾る」「愛しむ」「仕舞う」をキーワードに、経済産業大臣指定伝統的工芸品とアートをコラボレーションした企画。いまの感覚で楽しむ日本の美を発見に、ぜひご来場くださいませ。



<川久保ジョイ タグボート取り扱い作品はこちら>