トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > その他展覧会情報: 2008年10月アーカイブ

イベントニュース

その他展覧会情報

その他展覧会情報: 2008年10月
その他展覧会情報 2008. 10. 14

ヴィック・ムニーズの2007年の作品をEdition丸の内店に展示

2008年10月15日発行『Pen』のピカソの特集号にも掲載された、ヴィック・ムニーズの2007年の代表作品を、Edition 丸の内店に展示いたしました。

ヴィック・ムニーズといえば、ミニチュアの玩具、チョコレートシロップ、砂糖、ケチャップ、廃品など、日常的にあるモノを使って制作した一時的な作品を撮影し写真作品とする、きわめてユニークな作風で知られていますね。ブラジルを代表する現代アーティストであり、市場でもここ数年で価格が爆発的に上昇したニュースなどは、たびたび耳にしますが、そのムニーズがピカソの代表作『泣く女』に粉末顔料を使って挑んだ大作『アフターピカソ 泣く女』を10月10日にオープンしたばかりのEdition丸の内店に展示いたしました。
レジ裏の大きなスペースにピッタリとはまり、秋の新着洋服で一杯の店内の迫力にも負けない存在感は圧巻です。

丸の内の仲通りにて11月17日(予定)までご覧いただけますので、お近くにお寄りの際は是非ご鑑賞下さい。

※ヴィック・ムニーズは今後、トーキョーワンダーサイト渋谷(2008年11月22日~2009年3月1日)、笠間日動美術館(2009年2月14日~4月19日)にて出品予定。

協力:アート・オフィス・シオバラ

カウンターの後ろに大きな一枚。迫力です。絨毯の模様とマッチしました。
 
エディション 丸の内店
千代田区丸の内 2-2-3
丸の内中通りビル1F
Tel.03-3286-5105
Open.11:00/Close.20:00
 
その他展覧会情報 2008. 10. 14

タグボートがTOMORROWLANDエディション梅田イーマ店店内展示をプロデュース

大阪・梅田にあるemaというファッションビルを
ご存知ですか?

タグボートでは、10月1日にオープンした
ema内のファッションブランド、Editionの店内装飾を
担当いたしました。
展示作業を始めたのは、オープン1日前。
展示場所は大阪につき、作品不足はもとより時間ロスも
許されないという緊張状態の中、
スタッフ2名+作家のシムラユウスケさんの3名で、
なんとか展示をいたしました...。
努力と準備の甲斐あって、快適でシックな空間にピッタリの
作品をコーディネートできたのではないでしょうか? 
今回の展示は11月末日までとなりますので、近郊にお住まいの方は是非、足をお運びくださいませ。

シムラユウスケの大きな写真作品がエントランスを飾ります。迫力!都会的でシャープな作品がお店の雰囲気にピッタリ。
 
シムラユウスケさんの小作品コーナー 
 
メンズ・コーナーのレジ後ろには、ジュリアン・オピーのポールダンサーを描いた「Shahnoza」シリーズを並べて展示。動きのある空間になりました。お店にあった木のオブジェに沿うように、マリア・カポスの「bird」を展示。まるで木の上で一休みをとっているかのようにも見え、活き活きとした空間に。
 
ウィメンズ・コーナーのレジ後ろは、シムラユウスケさんの写真作品2点を連掛け。シックな空間になりました。ウィメンズ・コーナーの手前と奥にモーマンの等身大マリリン2点を設置!わかりますか?かなりの迫力です。
 
メンズ・コーナーにもリコ・ガットソン「炎」を連掛けしました。横長の空間に並んだリコ。壮観!ウィメンズ・コーナー。ここにも、リコ・ガットソンの「炎」を連掛け!どこにかけても空間がシまるので、重宝する作品です。
 
1.迫力ボディのパメラ・アンダーソン。
2.誘う表情が悩ましい。ヌードのマリリン。
3.サンタの毛沢東。
4.ユーモアあるフィッティングルームになりました。
展示作品は、エディション 梅田イーマ店とタグボートの両方で購入いただけます。
>> シムラ・ユウスケ
>> リコ・ガットン
>> ジャン・リュック・モーマン
>> マリーナ・カポス
>> ジュリアン・オピー
エディション 梅田イーマ店
大阪市北区梅田1-12-6 イーマ 1F
Tel.06-4795-7571
Open.11:00/Close.21:00