トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > その他展覧会情報: 2009年6月アーカイブ

イベントニュース

その他展覧会情報

その他展覧会情報: 2009年6月
その他展覧会情報 2009. 06. 24

植松 琢麿 / TAKUMA UEMATSU 個展 『軌跡の描く森で』

会期: 2009年6月14日(日) ~ 7月26日(日)月・火 休
OPEN: 11:00 ~ 19:00
会場: ギャラリーエム コンテンポラリーアート
     〒470-0131 愛知県日進市岩崎町根裏24-2
     Phone 0561-74-1705 Facsimile 0561-74-1603
     http://gallery-m.cool.ne.jp/


>> 植松琢磨 作品購入は、 こちらから


たとえば、植松は入手した動物の剥製の内部に鉱物を嵌め込む。さらに体内の鉱物を見せるために、その動物は分断された状態で示される。植松の組み合わせの中では生物と無生物の境界は曖昧である。さらには「生」と「死」も。
ただ、地球上の動植物や鉱物が示す多様さを知るものには、植松の世界はそれほど驚異ではないかも知れない。現実の自然もまた、実際には、系統樹のような区分で整理されてきたものの、人間の理解を常に超え続けてきたものであるからだ。
植松もまた別の意味で区分を乗り越えていこうとする。それはアートならではの形態論的で縦断的な冒険ではあるが、作品に作りものめいた感覚はなく、既視感を持って素直に受け入れていくことができる。そこに出現するのは、「死」を超えた、そして「血」を拭い去った世界であり、「神話的」というより、「天上的」な光景である。

拝戸 雅彦(愛知県美術館 学芸員)

 
その他展覧会情報 2009. 06. 17

「はまのゆか展 mamechan (まめちゃん) と絵を描こう」

イラストレーター・絵本作家などとして活躍する はまのゆかさん。
彼女が学生時代を過ごした京都にて個展が開催されます。
代表作である村上龍『13歳のハローワーク』、福山雅治『泣いたりしないで』のイメージクリップで使用された原画をはじめ、作家自身が色濃く反映されているキャラクター『mamechan』シリーズ、1コママンガの魅力を存分に見ることができる朝日新聞『ミーつけた』シリーズなど約180点を紹介。
期間中は、ワークショップもあるので、お近くにお住まいの方は、要チェックです!


会期 : 2009年6月20日(土)~7月5日(日)
会場 : 京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー4
       http://www.kyotomm.jp/HP/2009/04/hamanoyuka.php
料金 : 無料


【ワークショップ】
・「はまのさんに mamechan(まめちゃん)を描いてもらおう」
日時: 2009年6月20日(土)・21日(日)午後2時~4時(両日とも)
・体験型ワークショップ
日時: 2009年6月27日(土)・28日(日)午後2時~4時(両日とも)
    ※事前申込制(参加集合:午後1時45分)


■タグボートで購入できる「はまのゆか」の作品は、こちらから

 
その他展覧会情報 2009. 06. 17

「サイトウユウスケ」個展 "Shine Shine Shine"

会期: 2009年6月12日(金)- 24日(水)
開廊時間:11AM-8PM 展示最終日のみ6PMまで
休廊: 毎週木曜日、年末年始
会場: GALLERY SPEAK FOR(http://www.galleryspeakfor.com//
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR B1F


>>タグボートで購入できるサイトウユウスケ作品は、こちら


 ペンタブレットを使って微細に描き込まれた若者たちのリアリティ溢れるポートレート。イラストレーター、サイトウユウスケ氏の絵画世界は、ファッション・ポートレートというイラストレーションの系譜に括るにはあまりに鮮烈で艶やかです。写真に比するほど細部に迫るレアな描写力を感じさせながら、しかし線と面による巧みな再構築を経てアイコン化されたそれぞれのモチーフは、写真では感じ得ないほどの強いインパクトをまとい、見る者を同時代的な旋律をもって魅惑するメディアへと昇華しているのです。
 独特な色彩感や、モチーフの中の小物の取り合わせ方、そしてポップなだけではないシャープなデザイン感覚も彼の個性を形成しており、その含蓄に富んだRGB絵画は『ミュージックマガジン』誌をはじめ、多くのクライアントを引きつけてきました。
 本展は、彼の新作を含め、ここ数年の代表作やコミッションワークの数々から選りすぐって紹介する展覧会です。キャンバス出力による美しい作品群は、個展のたびに話題を呼んでいますが、サイズもモチーフもインテリアとして好適。ポートレートだけでなく、グラフィックにコラージュされた静物画も楽しんでいただけます。タイトル通り、2D(平面)から放たれる輝きやハーモニー、匂いやファッション性など、絵画の3D(立体)パワーを感じていただきたいと思います。


サイトウユウスケ(イラストレーター)
1978年、神奈川県生まれ。2003年、バンタンデザイン研究所イラストレーション科を卒業後、フリーランスのイラストレーターとし活動を開始。デジタルによるペインティング作品を制作。雑誌『ミュージックマガジン』の表紙を手がけるほか、広告や書籍装丁、CDジャケットなどメディア・国内外を問わず活動中。個展としては「POSITIVITY」('04年)、「SUNNY HOURS」('07年)を開催。TIS(東京イラストレーターズ・ソサエティ)会員。
http://www.saitoh-yusuke.com/

※展示最終日のみ午後6時閉場となりますのでご注意ください。

 
その他展覧会情報 2009. 06. 10

ASK? 展覧会のご案内 「達人29 リサイクルアート展」 -マンガ・アニメ作家29人による-

会場風景(2009年) 作品タイトル(3点)「修平くんニギリ人形(大)」「修平くんニギリ人形(中)」「修平くんニギリ人形(小)」※添付写真は2008年度の作品です

■会期:6月8日(月)~6月27日(土) 日休11:30~19:00(最終日17:00まで)

■タイトル:「達人29 リサイクルアート展」 -マンガ・アニメ作家29人による-

■会場:art space kimura ASK?
〒104-0031  中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F
TEL 03-5524-0771

■出品作家:秋竜山,市野智絵,伊藤有壱,植田まさし,ウノ・カマキリ,蛭子能収,小幡堅,北山竜,久里洋二,小林賀子,西家ヒバリ,しまおまほ,しりあがり寿,辛酸なめ子,スクラップ祭り(辻直之&寺上匠),多田ヒロシ,タナカカツキ,種村国夫,ちばてつや,千葉督太郎 ,所ゆきよし,二階堂正宏,西田淑子,古川タク,前川しんすけ,水森亜土,森田拳次,矢野徳,山口マサル(計29名)

http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/2009/recycl.htm


久里洋二氏企画、マンガ・アニメ作家によるリサイクルアート展覧会。
リサイクル可能な日用品を、作家それぞれの個性で再生加工していただき、ギャラリーにて展示、オークション形式にて販売します。展覧会では、毎日新聞社と2004年にノーベル平和賞を受賞した、ワンガリ・マータイさんが運動している「M O T T A I N AI(もったいない)キャンペーン」に賛同し、売上の一部を寄付する予定です。

どんなお宝が出るかは来てのお楽しみです。


「しりあがり寿」作品の詳細はこちらから
>>作品一覧ページ

関連記事:「しりあがり寿特集」


「タナカカツキ」作品の詳細はこちらから
>>作品一覧ページ

 
その他展覧会情報 2009. 06. 09

@BOOK246 「buy an art/買うアート」フェア にタグボートが協力!

「見るアート」から「買うアート」へ、BOOK246からのご提案。
2009年5月16日(土)から6月30日(土)の期間、「@GALLERY TAGBOAT」web上で人気の作家たちの作品を、BOOK246にて展示・販売致します。


期間/2009年5月16日(土)~6月30日(火)
場所/BOOK246店内 
入場/無料


第1弾 田村久美子さん + アンテナ

期間 : 2009年5月16日(土)~29日(金)
協力 : AISHO MIURA ARTS / Takuro Someya Contemporary Art


第2弾 松尾たいこさん + アンテナ

期間 : 2009年5月30日(土)~6月12日(金)
協力 : Gallery Speak For


第3弾 トマス・ルフ

期間 : 2009年6月13日(土)~26日(金)


第2弾 松尾たいこさんの展示。6月12日まで!


  
 
  
 

第1弾 田村久美子さん + アンテナ
期間 : 2009年5月16日(土)~29日(金)
協力 : AISHO MIURA ARTS / Takuro Someya Contemporary Art