トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > その他展覧会情報: 2010年2月アーカイブ

イベントニュース

ギャラリー展覧会情報

その他展覧会情報: 2010年2月
ギャラリー展覧会情報 2010. 02. 10

ブラッドレー・マッカラム&ジャックリーン・タリー
作品上映&講演会「アーティストが語るアメリカの人種問題」

Installation view
at Tokyo Wonder Site Shibuya

マッカラム&タリーによるアーティストトークとプレゼンテーション
モデレーター:家村佳代子(トーキョーワンダーサイト プログラムディレクター)
主催:アメリカ大使館
共催:トーキョーワンダーサイト
協力:NCA Nichido Contemporary Art


2月17日(水) 19:00-21:00
トーキョーワンダーサイト渋谷(参加無料・通訳あり、逐次)
http://www.tokyo-ws.org/shibuya/


2月19日(金) 12:00-13:30 名古屋市美術館 2階講堂
(参加無料・予約不要・同時通訳あり)
http://nagoya.usconsulate.gov/Poster%20McCallum%20Tarry.pdf


2月20日(土) 14:00-15:30 福岡アメリカン・センター
(参加無料・要予約・同時通訳あり)
http://japan.usembassy.gov/fukuoka/fj-main.html


2009年春にトーキョーワンダーサイト(TWS)のクリエーター・イン・レジデンスに選出され、大きな反響を得たブラッドレー・マッカラム&ジャクリーン・タリーのアーティストユニットが、2010年2月に再来日します。アメリカでは2月を黒人歴史月間として定めており、今回はアメリカ大使館企画の一環として、黒人社会を取り巻く環境の変化を現代アートというフィルターを介しながら、1960年代からオバマ政権以降を紐解いていく試みを実施します。異人種間結婚を軸に、アートを通して人種や国境そして文化を超越し続けるこのアーティスト夫妻から観た、現代アメリカを取り巻くアート環境と人種的要素などを、プレゼンテーションやディスカッション形式で浮き彫りにしていきます。


>> ブラッドレー・マッカラム&ジャックリーン・タリー 作品の詳細はこちら