トップページ > 触れるTOP > イベントニュース  > TNGS展覧会情報

イベントニュース

TNGS展覧会情報

TNGS展覧会情報 2011. 06. 16

岩手県大船渡市 "やっぺし祭り" アーティスト炊き出し参加レポート

     

タグボートでは、5月29日、岩手県大船渡市猪川町にて行われました"やっぺし祭り"の中の「アーティスト炊き出し」に対して、「震災支援チャリティープロジェクト」の売り上げの一部から資金の提供とアーティストへのボランティア活動の呼びかけを行いました。


この「やっぺし祭り」は避難所になっている小学校の教頭先生より「何かおもしろい炊き出しをできないか」という言葉がきっかけで、地元の大船渡サポートネットワーク・センターで活動している石鍋博子(ワンピース倶楽部)と遠藤一郎(アーティスト)が中心となり、大船渡の猪川小学校で地域の皆さんとアーティストが一緒になって元気が出るような炊き出しを行うものです。


参加者からレポートが届きましたので、ご紹介いたします。

---------------------------------------
アートで一体何が出来るのか?~やっぺし祭りを通じて~ 小枝薫

アートで一体何が出来るのか? と、私は悩んでいたから、現地へすぱっと行って正解だった。作家はアトリエで絵筆を握っているだけではならないと、「やっぺし祭り」を通じて感じた。世間との接点を繋ぐこと、形にすることで、もっと作家として心を膨らませることが出来る。
体育館に広げられた白い旗に、子供たちが自由に描いていいよ、とクレヨンを沢山並べた。ではお手本に、と描いた虹の絵が、子供たちに連鎖され、いつの間に一面に広がっていった。自由奔放。
あぁ、子供たちはいつの時代の誰でも、子供たちなんだなぁ、と思った。
漁師さんという60歳代の男性は、旗の隅っこに座り、船の絵を描いていた。自分の船だという。話を聞いてやっているスタッフの女性はまるでカウンセラーのようだった。このクレヨンひとつで、男性の心を知るきっかけになったのだな。
遠藤一郎さんをはじめ、アーティストだからできる有形無形のパワーに人々は喜び驚き、目を輝かせ、子供たちは体全体で受け止めていた。
犠牲者に向けられた霊位が壇上に置かれると、会場の空気がぴりり、とした。それに現れたのは鹿踊。太鼓を打ち、足さばきで力強く舞う彼らに、涙を流す人もいたほどだ。
終わると、数分間、拍手は鳴り止まなかった。東北の人の内に秘められたこのパワーは無くしてはならない。
"A NATION CAN STAY ALIVE WHEN IT'S CULTURE & HISTORY STAY ALIVE"
内戦が続くアフガニスタンのカブール博物館がある。戦禍による展示品の略奪や、破壊によって7割の貴重な文化財を失ってしまった。その博物館の入り口にそう貼られたフラッグがある。「文化と歴史が生き残れば、国は生き延びるだろう」わたしはそれを重ねてみていた。この鹿踊は、話を聞くと、100年越しに再現されたものだそう。文化、芸術、アートこそこの国の誇りだ。これをもっと掲げたい。生活と離れたもの、孤立したものが芸術でない。人間の生き様を表現したのが芸術であり、それに皆共鳴、感動するのだ。
新幹線で東京に着くと、まるでお菓子の家に住んでいる私たちの元気のない顔と、瓦礫の山化されてしまった人たちが生命力を燃やして生きている。双極的に存在している現在。確かな温度差があることに戸惑いつつも、わたしは東北に、また行くよー! と願いと思いを込めて駅をあとにした。

---------------------------------------
清水智裕

5月28日から30日まで、岩手県大船渡市で行われた「やっぺし祭り」のボランティアに行って来ました。
親戚が岩手の釜石で被災し実際に被害の状況を目にしたことで、自分の、絵を描くという仕事が、このような事態にいったいなんの意味をもつのか、自問していたときだったので、
「アートを通じた被災地支援」という行為を確かめてみたかったということが、参加した理由でした。
現地ではまず、被災した状況を見に行きました。瓦礫の撤去はまだまだ終わりそうになく、潮と腐敗臭がまじったにおいが辺りを漂っています。復興には程遠い状況で事態の改善の難しさが感じられました。
さて今回の祭りについては、大船渡在住のワンピース倶楽部の石鍋さんとアーティストの遠藤一郎さんが中心となって企画されました。
アートでボランティア、という一見漠然としたようなアイディアにどんどん地元有志の方々を巻き込み、当日は餅つき、綱引き、伝統芸能の鹿踊り、地元出身の演歌歌手のオンステージ、鬼ごっこ、が次々と行われ、パスタや豚汁などの炊き出し、似顔絵描き、バルーンアート、オイルマッサージ、青空床屋、アーティスト達のワークショップやパフォーマンスなどのコーナーには子どもたちだけでなく大人の方々も沢山参加していました。
結局、小雨が降る天候にも関わらず2000人以上の人達が来て下さり、大盛況となりました。
一番最後に凧上げが行われ、子ども達がそれぞれ自分の夢を書いた連凧が空高く飛んだときには、見に来てくれた人みんなが歓声を上げました。
おそらく大事な人や家を失くされた方も沢山いるとは思いますが、この祭りのいっときはつらい出来事を忘れることができたのではないでしょうか。
今回のような大きな災害が起きたとき、アートは確かに即時的には必要ないのかもしれません。でも、つらい現実をまた明日もうちょっと頑張ってみようとか、そんな気持ちにさせてくれるのであれば、アートに携わる者として誰かのちからになれることがありそうな気がする。やっぺし祭りに参加したことで、そんな可能性を感じることが出来ました。


 
TNGS展覧会情報 2011. 03. 25

6th TAGBOAT AWARD 作品募集


若手作家の支援事業を行うGallery TAGBOATの主催するアワードも今回で6回目となりました。
アーティストの作品を見せる機会、次へのステップとしてキャリアアップする機会を提供するために、タグボートはこれまで定期的にアワードを開催してまいりました。
今回も著名なギャラリスト、コレクター、大学教授など様々な経歴をもつ方々を審査員としてお招きしております。
その中でも特に、香港の新進ギャラリーである「3812コンテンポラリー・アート・プロジェクト」からは、本アワードの入賞者に対し、香港のギャラリーにてグループ展を開催して頂くこととなりました。
海外での展覧会を皮切りに、まずは国際舞台への第一歩を進んで頂ければと思っております。
もちろんそれ以外に、現代アートのオンライン販売最大手のGallery TAGBOATは、40を超える国内トップギャラリーの作品をウェブにて販売しておりますので、 これをチャンスに有力ギャラリストやコレクターに才能を発掘される可能性が大きく広がります。
前回に引き続き、タグボートの「Next GenerationS」の登録作家以外でも自由に応募でますので多くのアーティスト様には進んでご応募いただきますよう宜しくお願い申し上げます。


<6th TAGBOAT AWARD 概要>
応募期間:2011 年3 月25 日(金)~ 5 月25 日(水)
第一次審査発表 :2011 年6 月6 日(月)(審査結果はWeb サイトにて発表)
入選者グループ展:2011 年7 月1 日(金)~7 月3 日(日)
審査員(予定):
小山登美夫(小山登美夫ギャラリー代表)
柴山哲治(株式会社AG ホールディングズ代表取締役、京都造形芸術大学客員教授)
Calvin Hui (3812 コンテンポラリー・アート・プロジェクト、代表)
藤本治聖(アートコレクター)(順不同)


<応募概要>
【ジャンル】
①写真 ②平面作品部門(写真を除く) ③立体作品部門
※その他の公募展に出品していない未発表作品のみとする。
(個展、グループ展で発表された作品は可。)
【サイズ制限】平面作品30 号まで/立体作品 縦+横+奥行の3 辺の合計が160cmまで
【応募点数】1人1 点まで
【応募方法】1次審査は作品画像イメージ(データ)にて行います。
デジタルカメラで作品を撮影し、タグボートのウェブサイト内、応募フォームより
ご応募ください。
(応募する作品画像は横・斜め等から撮影したものを含め最大3 点まで添付可能)
【応募資格】 国籍・年齢・プロ・アマチュア不問
【お申込み】
web応募フォームより受け付けております。
ご応募はこちら>> https://fs220.xbit.jp/u534/form1/


【参加料】 : 5,250 円(税込)(TNGS 登録会員は3,150 円)
※参加料のお支払いは銀行振り込みとさせて頂きます。
振込先等の詳細情報は、 応募フォームを送信された際に送られる
自動送信メールにてご案内させて頂きます。
なお、万一の場合に備え余裕を持ってご応募下さいますようお願い申し上げます。
※5 月25 日の応募締切り期日から5 営業日後の時点で入金が確認できない
場合は、審査の対象外となりますので、予めご了承下さい。

【特典】
・グランプリ 1 名 賞金10 万円
・審査員特別賞・入賞者数名 各1 万円
・入選者 約20 名 によるグループ展開催
場所:世田谷ものつくり学校( 7 月1 日(金)~3 日(日) )
・グランプリ、及び各入賞者によるグループ展
場所:香港の企画ギャラリー「3812 Contemporary Art Projects」(2011 年8 月予定)

 
TNGS展覧会情報 2009. 11. 19

戸田 真人 グループ展 "Return to Origin"

展覧会名 : Return to Origin
出展作家 : 石田真也、戸田真人、吉田雷太
会期 : 2009年11月23(月・祝) - 12月5日
会場 : 大阪成蹊大学芸術学部ギャラリー〈space B〉
開廊時間 : 12時から18時30分まで、土曜日は17時まで[日曜日休廊]
入場料 : 無料
主催 : 大阪成蹊大学芸術学部 総合教育研究支援センター
企画 : 岩野勝人
----------------------------------------------------
   【お問い合わせ】
   大阪成蹊大学芸術学部 総合教育研究支援センター
   電話 : 075-953-1113
   ファックス : 075-953-1119
   e-mail : cersc@osaka-seikei.ac.jp
   URL : http://www.os-spaceb.jp/

 
TNGS展覧会情報 2009. 11. 18

加藤一夢 個展 "EDIT GENERATION"

加藤一夢 "EDIT GENERATION"
会期: 2009-11-24~2009-11-29

11:00~19:00※最終日は17:00まで
会場: 海岸通ギャラリーCASO
大阪府大阪市港区海岸通2-7-23
http://www.cwo.zaq.ne.jp/caso/index.html


はじめまして、加藤一夢です。海岸通ギャラリーCASO・y室にて11/24より〝EDIT GENERATION〟をテーマに作品配置された展覧会を行います。


政治、社会、文化・・・世の中には多種多様なモノや日々変化する情報が溢れており私達はそれらを加工された状態で無条件に受け取ります。
そのような環境を幼い頃から浴びるように受けた世代が生みだす作品群とは禁欲的に固有の表現に傾倒した創造物でなく、今まで積み重ねてきた情報を自身の嗜好性に照らし編集した編集物の要素が強いのではないのでしょうか。

このめまぐるしく変化する現代の中で育まれた自我を通し生み出された一見統一性のない作品群を「エディト・ジェネレーション」というテーマを基にギャラリー空間内でインスタレーション的要素をもって編集(配置)することで本展覧会の展示とさせていただきます。


<展覧会歴>
2006年 キャナル長堀(大阪)グループ展
2007年 ギャラリー4匹の猫(大阪)グループ展
2008年 第8回からほりまちアート
2009年 GEISAI#12(東京)
    10展:Gallery Vie(神戸)
    「100 Works on Paper by Japanese Artists」:AG Gallery(米国) 出展
    「ART & PHOTO BOOK EXHIBITION 2009」:新宿眼科画廊(東京) 出展
    第2回 POSTCARD SIZE 作品展」:Gallery Vie (神戸)
    「リキテックスのイラストレーション大募集・展ファイナル」:HBギャラリー(東京)
    「タツコン2009」:ギャラリー龍屋(名古屋)
    Artcompe X09:The Artcomplex Center of Tokyo(東京)
    芸術解放区「本音のアートフェス」 宝塚造形芸術大学(宝塚)
    GEISAI#13 (埼玉)
    「YOUNG ARTISTS JAPAN Vol.2」:東京交通会館 12階イベントホール(東京)


>> 加藤一夢 作品詳細

 
TNGS展覧会情報 2009. 10. 28

林田 健 個展 "My name is no name"

林田健 個展 “My name is no name”

会期: 10月31日(土)~11月22日(日)
※10月31日(土)4:00~ アーティストトーク オープニングイベント
会場: トーキョーワンダーサイト本郷(御茶ノ水)
URL: http://www.tokyo-ws.org/creator/h/post-304.shtml


Statement
自分が見た美しい景色を他の誰かにも感じてほしい。
居た堪れない現実やニュースを目の前にした時のやりきれないもどかしさ。
人の心を動かす何か。
それらが自分を作品制作へ立ち向かわせる衝動の源になっていると思います。
その時代の風景にはその国の社会を象徴する風景があり、風景画を描くことによって
それらを映し出すことができるのではないかと思います。

絵が持つprimitiveな力を信じてrebel paintingを以って立ち向かいたい。


>> 林田健 作品詳細