トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

表恒匡《Black painting/abstract》61×50cm MYTIS(インクジェット)プリント、アルポリック 2008年 渡辺紗知子《旅行 #21》193×130.3cm 油彩、キャンバス 2008年
展覧会情報 BUNKAMURA GALLERY
http://www.bunkamura.co.jp/gallery
東京都渋谷区道玄坂2-24-1
03-3477-9174
11/29(土)-12/8(月)
10:00~19:30
11/29(土)15:00より、「映像同時リレー」 開催[牡丹靖佳、永岡大輔、岩田江(サックス)、坂ノ下典正(ギター)による、映像と絵画と音楽のライブ・パフォーマンス]
ex-chamber memo これまで夏に行われていたBunkamura Art Show、今年はこの季節に開催され、6名のアーティストがフィーチャーされます。
アクロバティックなパネル加工も積極的に取り込んだ写真作品などで、それがもたらす歪みとともにユニークな情景を展開する表恒匡、おもに動物をモチーフに細密な筆致で展開する永岡大輔、強いヴィヴィッドな色彩感と絵の具の質感で、抽象とリアリティとを織り交ぜさまざまなシーンを繰り出す中山玲佳、シンメトリーな構図を展開し、ファンタジックさと危うさを同居させる柳ヨシカズ、豊かなテクスチャーをもたらす筆遣いにより、一つの画面にいろんな場面を注ぎ込んで不思議な物語性を奏でる渡辺紗知子、身近な風景をモチーフに心が動いた瞬間を描く吉沢美沙。それぞれがオリジナリティ溢れる創造性を発揮し、フレッシュな個性の競演が展開されます。