トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

関口光太郎《瞬間寺院》新聞紙、ガムテープ、木 2006年
展覧会情報 MOTT gallery(AISHO MIURA ARTS)
http://aishomiura.com
東京都新宿区住吉町10-10
03-6807-9987
11/7(金)-11/30(日)月休
13:00-21:00(日:-19:00)
Opening Reception:11/7(金)18:00-21:00 ex-chamber memo  いわゆる「ミクストメディア」と表される素材と手法でクリエイションを展開する2人の若いアーティストをパッケージした展覧会です。
1983年まれ、21_21 DESIGN SIGHTでの「XXIc.- 21世紀人」にフィーチャーされ注目を集めた関口光太郎は、新聞紙とガムテープを駆使して臨場感溢れる塔や神殿をダイナミックに制作。紋様なども精緻に再現し、本来硬質であるべきかたちに収まらない独創性を滲ませます。久保田沙耶は1987年生まれ。先に開催されたGEISAI#11で一般人気投票2位を獲得した静かなポップさが優しく膨らむ作風は、線香で焦がす要素が入るなど、ユニークな行程が入り込みます。この2人のアーティストの作品により、身近な「メディア/素材」による表現の可能性を提示します。