トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

深海武範《23週》F25
展覧会情報 新生堂
http://www.shinseido.com/
東京都港区南青山5-4-30
03-3498-8383
11/5(水)-11/15(土)日休
11:00-18:00 ex-chamber memo 小田急線百合ヶ丘駅近くにあるアトリエ「ebc」の主要メンバーのひとりである堤岳彦と、昨年よりebcに参加した深海武範。ともに1975年生まれで東京藝術大学デザイン科出身、長きにわたって交流を持つふたりによる展覧会が行われます。
  ポスターのデザインなども手掛ける堤は、最近は菓子の箱などを展開しひとつの平面に貼って図形的な再構築を施し、そこにさまざまなテクスチャーで彩色する「PACKA」シリーズを展開、グラフィカルなリズム感が創出されます。一方、深海は奥方や制服姿の学生を登場させ、程よくシュールで、コミカルな高揚をもたらす場面を描き出します。同展ではそれぞれのユニークな個性が発揮された作品により、ふたりのクリエイションのコントラストが楽しい世界を紡ぎ出します。