トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

カンノサカン《OG0200180R》60×85×6cm Urethane and acrylic paint on canvas mounted on panel 2008年
展覧会情報 ラディウム-レントゲンヴェルケ
http://www.roentgenwerke.com
東京都中央区日本橋馬喰町2-5-17
03-3662-2666
12/5(金)-12/27(土)日月祝休 ex-chamber memo 1970年生まれ、レントゲンヴェルケが標榜する3つの哲学、「hyper technic (超絶技巧)」「smooth surface (平滑表面)」「cool beauty (冷徹美学)」をもっとも体現するアーティストのひとり、カンノサカンの個展です。
これまで赤やシルバー、白、そして昨年の個展における黒がベースに広がる作品が発表されていますが、今回は「ゴールド」。絢爛の象徴ともいえるもっともインパクトのある色彩の上に、あの緻密で有機的なかたちが連なり重なってめまぐるしく展開、イマジネーションの加速を促すシャープネスと鋭いテンション感を秘めた静謐が放たれます。