トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

大村雄一郎 馬渡吟治郎
展覧会情報 ギャラリー坂巻
http://gallery-sakamaki.net/
東京都中央区京橋2-8-18 昭和ビルB2F
03-3563-1733
12/8(月)-12/20(土)日祝休
12:00-19:00(最終日:-17:00) ex-chamber memo ふたつの鮮烈な個性がフィーチャーされる展覧会です。
1964年生まれのアーティスト、大村雄一郎は、女性の顔や姿がある人工物の中に取り込まれるようなシュールな情景を描いた作品などを発表。そこに人間の自然な姿が人工的な姿へと移り行くことへの危うさを問う深遠なメッセージ性を奏でます。
馬渡吟治郎は1974年生まれ、舌を出した人の頭部を描いた作品やオブジェなどを制作。グロテスクさが放つインパクトの奥に深い物語性や生命観をもたらします。
同展では大村のペインティングと映像、馬渡のレリーフ、トルソなどが出展され、互いの毒味を含む強烈な世界が独特なコントラストを空間にもたらします。