トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 おはようございます。昨年秋からその週に開催される展覧会を紹介してきたex-chamber memo、今週からこちらのブログで更新していきます。これまでと同じくご贔屓にしていただければ幸いでございます。
 アートフェア明けの今週のex-chamber memo、以下の13の展覧会をご紹介いたします。

 


art-life+ vol.11 梶岡俊幸展『The Birth Canal-未来へのうねり』


前田さつき スペクタクル


Nam Hyojun ミドルテンション


多和田有希「Missing Folklore」


"サンクチュアリーへ" 樋口明宏、吉賀あさみ


深堀隆介展「すべての木に金魚は、いる。」


深海武範展「みるみるあげてみる」


龍門藍 個展


森太三展「世界の果て」


ジェラティン:gelitin


伊藤存「四月パカ」


田口和奈 そのものがそれそのものとして


project N 37 阿部岳史


 


 何と申しますか、上を下への大騒ぎな一週間を過ぎて一段落、ちょっと落ち着いた日々が訪れるかと思いきや、

 


 ぜんぜん落ち着いてねぇ!Σ( ̄口 ̄;)

 


と叫びたくなるような感じでして、むしろ前の週の勢いをそのままに注目の展覧会がずらりと控えていて大変です、嬉しい悲鳴、驚喜の断末魔が脳裏に響き渡ります。

 


 ・・・もとい。
 ブログになったとたん、ずいぶんフランクなリード文を書いていたりしますが、こんな調子で引き続き興味深い展覧会を紹介していきたいと思っています、どうかどうか、よろしくお願いいたします!