トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。
 この土日は西のほうへ行ってきました。まず京都、続いて大阪、一泊してふたたび京都、そして名古屋といった具合にたっぷりと観て回ってのですが、今回は念願の折り畳み自転車を購入し、それを持参、すべての街を自転車で回ることができました。

 駅まで自転車で行って、それを畳んでバッグにしまい、担いで改札をくぐる。
 折り畳み自転車購入時はそんな颯爽なイメージを思い描いていたわけですが、実際に持ち運んでみると...

 ・・・・・けっこうしんどい。。。orz

 二日間で何度も畳んでは組み立ててを繰り返しているとそれなりに慣れてはくるのですが、毎度毎度組み立ててさて乗ろうと跨がるとサドルを上げ忘れていてリアル空気椅子みたいになるわ、運んでるときは肩にかけてなどもってのほか、俵を担ぐスタイルが結局いちばん楽なのでのしのし構内を移動するような感じだわでなんだかもう。

 もっとも、ギャラリー間の移動時間の短縮は紛れもなく達成されただけでなく、交通費もおおよそ2000円は浮かせることができているので、まあよし、と。

 というわけで、今週は以下の7つの展覧会を紹介いたします。


橋野恵展

藤田勇哉展「果物や花」

宮永愛子展「はるかの眠る舟」

太田麻里展

高松和樹展「距離感主義」

梅田哲也「迷信の科学」

no name 京都展

 ではでは、よろしくお願いします!