トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

稲垣智子 小笠原美環 谷口顕一郎
展覧会情報

大阪・ハンブルク友好都市提携20周年記念事業 現代美術交流展 TWINISM
AD&A gallery
http://www.adanda.jp/
大阪府大阪市西区京町堀1-6-12
06-6443-3300
6/6(土)~6/21(日)木休
13:00~20:00
オープニングレセプション:6/6(土)16:00〜
キュレーター&アーティスト・トーク:6/7(日)16:00〜
《参加アーティストサイト(参考)》
ペーター・ピラー Peter Piller:http://www.peterpiller.de/
トールステン・ブリンクマン Thorsten Brinkmann:http://www.kunstagenten.de/
ヨナタン・メーゼ Jonathan Meese:http://www.cfa-berlin.com/artists/jonathan_meese/videos/
淀川テクニック:http://yodogawa-technique.cocolog-nifty.com/
稲垣智子:http://www.geocities.jp/intomato/
小笠原美環:http://www.miwaogasawara.de/
川辺ナホ:http://www.nahokawabe.net/

ex-chamber memo

 大阪とドイツのハンブルクで活動するアーティスト9名(7名1組)を紹介するグループショー。参加アーティストはそれぞれ同じ作品を2点ずつ制作し、同時期にハンブルクの市立現代美術センター・クンストハウスで開催されている同企画の展覧会において、AD&A galleryの1階と2階の空間が再現され、その中に大阪とまったく同じ配置で作品が展示されているというユニークな企画です。
 招待作家は日独で活躍する若手アーティストで、ハンブルクからドイツ人アーティスト3名とハンブルクに拠点を置く日本人アーティストからは昨年のSCAI THE BATHHOUSEでの個展も話題となった小笠原美環をはじめ、川辺ナホ、谷口顕一郎が、大阪からは淀川テクニック(柴田英昭・松永和也)、稲垣智子が参加。幅広いメディアの作品が揃えられ、バラエティに富んだクリエイションが展開されます。