トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。
 先日自転車に乗っていて、唐突に「ひらがなよりもひらがならしいカタカナはなんだろう」と考え始め、自転車に乗っている時間の15パーセントくらいかけて「ああでもないこうでもない」と凄まじい緩さでそれなりに真剣に思案に明け暮れています。
 なかなか見つからず、結局は「奇跡の平仮名片仮名同形」、禁断の「へ」にいきつき、同じといってもなぁ、結局「同じ」止まりだしなぁ、カタカナがひらがなを凌駕しているとは言い難いよなぁ、となんだか腑に落ちない感じでいたのですが、昨日ようやくまずひとつ目の結論を導きだしました。
 不等号の大きなほうがより「ひらがな的」という解釈で、

 

 「へ(カタカナ)」>「ぺ(ひらがな)」

 

 おお!
 ビバ半濁点!
 考え始めてから延べ数時間、多分に「その手があったか」的ではありますが、とりあえずひとつの落としどころを見付けて達成感。

 

 ・・・・・。

 

 どうでもいいな!Σ( ̄口 ̄;)
 ものすごい勢いでどうでもいいな!Σ( ̄口 ̄;)

 

 あと「ひらがなよりひらがなっぽい漢字」として「乙」っていいセンいってると思ったりと、くだらないこと考えてますすみませんすみません。

 

 もとい、今週は8つの展覧会を紹介いたします。

 

一色映理子「光の粒、その先へ」
井上裕起展 salaMandala/NIPPON-ISM
池永康晟 日本画展
正木美也子 [Who is Stalin?] / [DICE PROJECT 005] cloud:山本努
伊藤彩『生まれつきJ』
After School 放課後の展覧会
ムラタ有子新作絵画展
平野真美展

 

 今週は、全国を巡回してきた高橋コレクション展「neoteny japan」の東京展がいよいよ始まるほか、山本太郎さんの個展が美術館「えき」KYOTOで、さらにTARO NASUでのDjordje OzboltとTOMIO KOYAMA GALLERYでのLaurie Simmonsの各個展も楽しみです。
 ではでは、よろしくお願いします!