トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。
 唐突ですけど椎名林檎の「ありあまる富」。いやもう最近ラジオで耳にして鷲掴みにされまして。アコギのイントロから最初の一節「僕らが手にして〜いる〜富は見え〜ないよ〜」ときてあーもう、椎名林檎が引き出す言葉の魅力に引き込まれて、エレキギターが入って重心がズンと低くなる2コーラス目、さらにブリッジへ。捻り出す声で希望を歌い上げ、さらにもう1小節足して出てきた言葉が「笑顔を見せて〜」。そこに被ってくる天使のコーラス。なんだかもう青臭いことに感動する年じゃないんですけど涙腺も刺激されますってば。さらに後半、落ち着いたかと思ったとにギアァァァと唸ってからのギターソロ。この「いなたい」感じ、いちいちかっこいいわけでして、こんなに尖っていてやっぱりJ-POPの良心。
 この歌詞のなかの「僕ら」と「彼ら」を身近なものに当てはめてみて思うこともいっぱいあったりして・・・

 


 いや、もとい。
 今週はギャラリーのオープニングラッシュが尋常でなく大変な週でして、そのなかから9つの展覧会をご紹介致します!

 

絵画 花 -blossom 青木惠 橋本トモコ 久米亮子
イメージの新様態 XIX -延延刻刻- 松谷博子×松野じゅんこ
荘司美智子 個展『LOCATION』
厚地朋子「ヘビノス」
A House is not A Home 安倍典子/古武家賢太郎/永山祐子/齋木克裕
抜水摩耶 個展『私は強い、お前は弱い』
呉亜沙 -whereabouts-
佐伯洋江展
池田光弘 漂う濃度

 

 繰り返しますけど今週はとにかく多い!清澄の合同オープニングは、上に紹介した以外だとhiromiyoshiiでは森弘治さんの個展、KIDO Press, Inc.では阪本トクロウさんの銅版画(!)、TOMIO KOYAMA GALLERYは大野智史さんがこの空間に2度目の登場。そして同日は白金のコンプレックスでも合同のオープニングが開催、こちらも注目の展覧会が。他にも西村画廊の35周年記念展などなど、とにかく忙しくなりそうです。
 ではでは、よろしくお願いします!