トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

片山大輔《むかしの家》72.8×51.5cm キャンソンボードにアクリル 2007年 courtesy of YUKARI ART CONTEMPORARY 高あみ《おめん》h14.0×w10.0×d9.0cm 陶、透明水彩、アクリル絵具 2009年 courtesy of YUKARI ART CONTEMPORARY
展覧会情報

「ひとことガレット」片山大輔/「ひとになる」高あみ
YUKARI ART CONTEMPORARY
www.yukari-art.com
東京都目黒区鷹番2-5-2-1F
03-3712-1383
6/20(土)~7/18(土)日月火休(水:事前予約制)
11:00~19:00(最終日:~17:00)

ex-chamber memo

 独自のテイストのクリエイションを紹介し続けるYUKARI ART CONTEMPORARYで、二人の若手アーティスト、片山大輔と高あみ(こう・あみ)によるそれぞれの個展が同時に開催されます。
 片山は1984年生まれ、空想上の世界をさまざまなメディアを通じて表現。FRPや新聞紙などを用いた立体作品や、豊かな色彩感が広がる平面作品により、独創的な世界観が繰り広げられます。同展も立体、平面の両作品によって構成されます。
 1982年生まれのアーティスト、高あみは同ギャラリー2度目の登場。石膏や陶などで人肌のぬくもりとやさしさを感じる表情豊かなフォルムのオブジェを制作、それらによってインスタレーションも繰り広げてきましたが、今回は「お面」による展開で新たな世界観を表現します。