トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。本日祝日のため、若干遅めの更新となっております。
 そんな本日、某アート雑誌の辣腕編集者H氏に呼び出されてまして、午後から尋問もとい打ち合わせなのでございます。
 なんでも、今回の特集が「ギャラリー巡り」なのだそうで、そこで日々小忙しく回っている僕にお話が回ってきたという次第。おそらく本日の尋問もとい打ち合わせでは

 


H氏「ここからあのギャラリーへ行くにはどの道が近いんだ、答えろぉぉ!」
僕「靖国通りを真っすぐ東へ向かえばいいのでございますぅぅぅ!」
H氏「他に何か情報はないのかぁぁ!?」
僕「途中行列がいつもできてる鯛焼き屋は福耳が美味でございますぅぅ!」
H氏「そんなことはどうでもいい!」
僕「ひえぇぇ、すみませんでしたぁぁ!」

 


 という問答は行われず滋味に地道にあーだこーだという感じになるとも思います。ともあれ、今週のリード文をこんな感じでアップしてしまうので、まずは謝るところから始めたいと思ってます(・∀・)

 


 ではでは、今週は7つの展覧会をご紹介致します。

 

唐仁原希展
加藤苑展「傲慢な空虚 -arrogant emptiness-」
武田歩展 終りの領域
尾家杏奈「はじまりのはじまり」
山本昌男展「川」
TRIO-A-STRIPE 秋本将人 西原功織 保坂毅
「変成態-リアルな現代の物質性」展 vol.3 泉孝昭×上村卓大 「のようなもの」の生成

 

 今週は、この他に興味深そうなものはMATSUO MEGUMI +VOICE GALLERY pfs/wでのユニークなテーマのグループショー、広島市現代美術館での大規模な展覧会に合わせて開催のOta Fine Artsでの小沢剛さんの個展、Gallery Nomartでの今村源さんの個展、Bunkamura Galleryには大阪の若手アーティストが集結、などなどでございます。
 ではでは、今週もよろしくお願いします!