トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

池田学《予兆(部分)》190×340cm 紙にペン、インク 2008年 撮影:久家靖秀 (C)IKEDA Manabu Courtesy Mizuma Art Gallery
展覧会情報

池田学展
おぶせミュージアム
http://www.town.obuse.nagano.jp/bijutsu/
obusemuseum/obusemuseum_index.html
長野県上高郡小布施町大字小布施595
026-247-6111
7/31(金)~10/6(火)
9:00~18:00
入館料:一般500円/高校生250円/中学生以下無料
《ギャラリートーク》
池田学×中島千波(日本画家・東京藝術大学教授):9/22(火祝)14:00〜

ex-chamber memo

 1973年生まれ、ミヅマアートギャラリーでの2度の個展などを経て、今もっとも注目を集めるアーティストのひとり、池田学(いけだ・まなぶ)の初の美術館での個展が開催されます。
 横幅3mを超える最新作「予兆」をはじめ、「再生」(2001)、「方舟」(2005)などといった代表作がほぼすべて揃い、これまでの池田のほぼすべての変遷を網羅し、国内外のアートファンを熱狂させる凄まじいスケールと密度で展開される細密画がずらりと並び、圧巻の世界が美術館を満たします。