トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。
 普段は自転車と電車を主な移動手段としている僕ですが、昨日の日曜日は自動車移動によるアート巡りを敢行。まずは予定していたレントゲンヴェルケの那須の藝術倉庫での石川結介さんの個展へ、そして地図で調べたら案外近いので、いつか行きたいと念願していた板室温泉大黒屋、そこで現在開催中の廣瀬智央展にも行ってしまおうと。
 それぞれのサイトに掲載されている地図を見比べると那須I.C.や同じ交差点が載っているのでそれほど遠くないだろうと高を括って藝術倉庫から板室温泉へと移動。
 「一軒茶屋」という交差点から地図通りに道なりに真っすぐ進むのですが、そしたら行けども行けども・・・。ひたすら道が蛇行しているのはともかく、

 


 坂ばっか!Σ( ̄口 ̄;)

 

 普段運転するにしても、仕事で都内を回るだけなので坂もせいぜい陸橋や青山六本木界隈で遭遇するだけ、その上慣れない土地ということもあり、時おり油断すると平地かと勘違いするほどに延々と続く上り坂やら上がって下ってまた上がってくだってさらに上がって下っての凄まじくアグレッシブな高低差にだんだん心配になりながらそれでも地図を信じてさらに全身全霊を傾けての前方注意、そしてマニュアル車ならではのこまめなギアチェンジでなんとか走り抜けると

 


 ・・・・・あれ?(・∀・;)

 

 仮面ライダーが「とう!」とジャンプして着地する対決場よろしく閑散とした景色の場所に出てきて大いに焦り、それで合っていたのでホントによかったんですけど、クラッチが焼けたにおいが香ばしかったりもしてさらに焦り、まあ勝手にテンパって辿り着きましたよ大黒屋。

 当たり前といえば当たり前なんですけど温泉なのでいらっしゃる方々は浴衣で、そんななかをもの凄く普段着な僕がうろうろしているのはなんとも落ち着かない感じがし、目を泳がせていると、広報ご担当の方が申し訳ないくらいに対応してくださり、関西などでお目にかかったことのあるスタッフの方を呼んでいただいたり、挙げ句の果ては社長の室井氏じきじきにいろいろとお話を伺えただけでなく、菅木志雄さんや、矢部裕輔さんのパーマネントの作品をご案内いただいたりと至極恐縮。

 

 いやもう、あの3次元蛇行道を通り抜けて行った甲斐がありました。
 そこかしこにアート作品が配され、展示室もあったりして、あらためてしっかりゆっくり時間をかけて観て回りたいと思った次第でございます。

 

 その帰りの東北道、思いのほか長かった渋滞を抜けてサービスエリアで一休み、横になり「あら高速道路って随分振動するのね」などと思っていたら地震でこの期に及んで焦ったりとまあいろんなことがある1日でございました。

 

 で、多くのギャラリーが夏休みに入っていますが、そんな中で今週始まる7つの展覧会を紹介致します。

 

えっぽい 岡本梨江 片山真妃 宮内理
都市的知覚 PERCEPTION AND URBAN ENVIRONMENTS
トランス 小池一馬
NEGAPOP 吉永蛍 蔭山忠臣 平川恒太 尾家杏奈 樽井英樹
ふなばし現代アート展'09「アラカルト」
心の平和 駒井翔平 齋藤達夫 齋藤雄介
DANDANS Exhibition vol.5 真夏の夢

 

 今週は、あと神宮前のVACANTで開催される「Circle of Friends」という企画が、なかなかそうそうたるアーティストの名前が並んでいて面白そうです。
 ではでは、よろしくお願いします!