トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。
 この週末は関西遠征。言うまでもなく「ART OSAKA 2009」に合わせてのスケジューリングだったのですが、それ以外にチェックする予定だった展覧会も押し並べて面白く、いやもう満足の関西遠征となった次第。京都での展示がとにかく充実していて、eN artsでの内海聖史さんや児玉画廊での宮永亮さん、イムラアートギャラリーでの染谷聡さん、shin-biでの梅田哲也さんそれぞれの個展が楽しく、さらに小山登美夫ギャラリー 京都でのふたつの個展、そしてそして極めつけがタカ・イシイギャラリー 京都、

 


 スイカが!Σ( ̄口 ̄;)

 

 角切りのウォーターメロン。その異様なまでのクオリティの高さに何故か

 


 負けた・・・・orz

 

 と軽く脱力、東京のスペースと同じアーティスト「ウィルフレード・プリエト&イグナシオ・ウリアルテ」による展覧会が開催されているのですが、東京は東京で

 


 そんなカフェオレて!Σ( ̄口 ̄;)

 

 ・・・と驚かされていたんですけど、あの赤の鮮やかさに思わず軍配が。あの存在感は必見でございます。

 

 もとい、今回はまず大阪、それから京都、泊まるホテルが大阪なのでふたたび大阪といつもと違う移動を行ったこともあり、普段は乗らない京阪電車に都合2度も乗り、車内で「おおきに」と言われて大阪を実感したり、日曜日の午前中に国立国際美術館で観たやなぎみわ展のメイキングに釘付けになったり。これで「うまいもの」があれば完璧なんですけど、

 

 大阪京都で何食ってんだ俺!Σ( ̄口 ̄;)

 

 なのが、いつものこととはいえなんとも。。。

 

 ではでは、今週は8つの展覧会をご紹介致します。

 

沈黙が誘う、饒舌に惑う -浅野耕平、藤原由葵の試み-
兼未希恵展「ハナハナサケサケ」
"a piece of work" #15 榎本裕一「R2286 White」
古家万 "Real Imagination/現想図 Vol.1"
稲垣洋介展
第1回所沢ビエンナーレ美術展「引込線」
川口奈々子「7人の小人はまだ来ない」
加藤恒一展 empty skin

 

 いよいよ夏休みモードも一段落といった感もあり、この他にも銀座界隈で行われるGallery Qでの村上郁さん、ギャラリーゴトウでの渡辺明鈴香さん、GALLERY b.TOKYOでの設楽恵里さんのそれぞれの個展も面白そうなのと、京都ではshin-biで太田麻里さんのパフォーマンスがあったり(行けないのが残念・・・)studio90での田中真吾さんの個展も興味深かったり、河井美咲さんの個展がまずTAKE NINAGAWAで始まったりと、秋へ向けて面白そうな企画が始まります。
 ではでは、よろしくお願いします!