トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

駒井翔平《進化でもしているつもり》140×250×70cm 木材、鉄、その他 2008年
展覧会情報

心の平和 駒井翔平 齋藤達夫 齋藤雄介
Art Center Ongoing
http://www.ongoing.jp/
東京都武蔵野市吉祥寺東町1-8-7
0422-26-8454
8/14(金)~8/30(日)8/15〜8/18、8/24、8/25休
12:00~21:00
オープニングレセプション:8/14(金)18:00〜
special talk event 1 アーティストグループ Stump(内山聡 江川純太)「雲をつかむような話」:8/21(金)19:00〜
Pre Ongoing School 齋藤雄介と駒井翔平による展示解説:8/22(土)19:00〜
一夜限りの雑庵ナイト「朝までピクニック」8/29(土)20:00〜
special talk event 2 加藤慶 小川希 吉田有里:8/23(日)19:00〜

ex-chamber memo

 BOICE PLANNINGのオープニングメンバーとしても知られ、現在は公立ギャラリーのスタッフとして活動する加藤慶(かとう・けい)の企画による、3名のアーティストをフィーチャーした展覧会です。
 有機的なモチーフを重ね、生命観溢れる世界を紡ぐ齋藤達夫、絵画道具などを素材として用い、武器のような無骨な立体物を創作、そこに力強く、そして醒めた感覚を織り込む駒井翔平、新生stumpのメンバーのひとりで、立体から平面、さらに時に映像も駆使し、さまざまな素材を織り交ぜてヴィヴィッドな情景を築き上げる齋藤雄介。それぞれが独創的な個性を発揮し、半ば力づくで「心の平和」をもぎ取るような濃密な空間がもたらされます。会期中、さまざまなイベントも合わせて開催されます。