トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

田中圭介《禁忌》朴にアクリル彩色、色鉛筆、カラーニス 2009年 平川なつみ《Myトレンド》H29.6×W23cm 紙にアクリル絵具 2008年 松宮硝子《Duquheaper》installation view 2008年
展覧会情報

立石大河亞/田中圭介/平川なつみ/松宮硝子「Unfamilier Landscape」
山本現代
http://www.yamamotogendai.org
東京都港区白金3-1-15-3F
03-6383-0626
8/22(土)~9/12(土)日月祝休
11:00~19:00(金:~20:00)
@GALLERY TAGBOET GALLERY SELECTION:山本現代

ex-chamber memo

 4名のアーティストをフィーチャーしたグループショー。
 昨年10月の個展で発表された巨大な木彫作品のインパクトも記憶に新しい、1976年生まれの田中圭介(たなか・けいすけ)は、樹木やちいさな家などを細微に彫り出しながら、ユーモラスな表情も織り交ぜつつ鮮やかで壮大な景色を生み出します。同展ではさまざまな小作品を発表。1981年生まれの松宮硝子(まつみや・しょうこ)は、同ギャラリーでは白金移転オープニング企画「DREAM of the SKULL」以来の登場、繊細で緊張感に満ちるガラスの造形によりより、"Duquheapuer"という想像上の生物の生態を再現します。平川なつみは昨年春に開催された2人展で注目を集め、独自の視点で大胆なユーモアを伴いながら濃厚なシュールネスを展開します。
 そこに、既にさまざまな展覧会でも紹介される立石大河亞(たていし・たいがあ、1941-1998)の作品も展示、さまざまな視点による「奇妙な風景」が展開されます。