トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

展覧会情報

ギャラリーほそかわ 移転記念展「New Location/Generation」居城純子 藤井俊治 森末由美子
ギャラリーほそかわ
http://www.galleryhosokawa.com
大阪府大阪市浪速区元町1-2-25 A.I.R .1963ビル3F
06-6633-0116
9/28(月)~10/24(土)木日祝休
12:00~18:30
オープニングレセプション:9/28(月)17:00〜
ウクレレ+talk byチチ松村(ゴンチチ):10/18(土)18:00〜
居城純子サイト:
http://www.geocities.jp/aidayodomi/

ex-chamber memo

 90年代後半より大阪から現代アートを届ける「ギャラリーほそかわ」の移転を記念し、同ギャラリーゆかりの3名の若手アーティストによるグループショーが開催されます。
 1974年生まれ、2005年のVOCA展での奨励賞受賞で大きな注目を集めたアーティストで、時に画面を焼き付けるなどの大胆な手法も取り入れながらダイナミックな陰影と深遠さを伴うメランコリックな情景を居城純子(いしろ・じゅんこ)、1983年生まれの2004年度のシェル美術賞グランプリ受賞作家としても知られ、関西を中心に作品を発表する藤井俊治(ふじい・としはる)はサーモグラフィ的なアプローチによりさまざまな場面を鮮やかかつ斬新な色調構成で表現。このふたりのペインターに加え、1982年生まれ、身近なアイテムにシュールな違和感をもたらす要素を取り入れ、仄かなユーモアと不思議な深みを奏でる森末由美子(もりすえ・ゆみこ)を紹介、この3名の関西発のヴィヴィッドなクリエイションが新たな空間を彩ります。