トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

足立喜一朗《Shangri-la》ZAIM展示風景 2009年
展覧会情報

足立喜一朗「シャングリラ2」
YUKA CONTEMPORARY
http://www.yukacontemp.com/
東京都文京区関口1-30-9
03-5272-2476
9/18(金)~10/24(土)日火休
11:00~19:00
レセプションパーティー:9/18(金)18:00〜20:00
アーティストサイト:http://kichon.com/

ex-chamber memo

 ARATANIURANOでのスタッフなどを経て独立した鶴野ゆかがこの秋新たにギャラリー「YUKA CONTEMPORARY」をオープン、そのこけら落としとして、1979年生まれ、2007年に東京都現代美術館で開催された「Space for your future ~アートとデザインの遺伝子を組み替える」への参加などで注目を集めるアーティスト、足立喜一朗(あだち・きいちろう)の個展が開催されます。
 人々の喜びや楽しみといった要素を過剰に引き出し、あるいは裏返したようなアプローチを試み、独創的なシュールネスが充満するクリエイションを発表し続け現在に至りますが、同展は今年2月に横浜ZAIMで発表された「シャングリラ」を基に、それを進化させた空間を展開。生活空間に「自然」を持ち込む「不自然さ」を独自の解釈で提示し、同時にこのインスタレーションをモチーフとした平面作品を合わせて発表することで、そこに潜むメッセージ性やイメージの奥行きが表出されます。