トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。
 先週はパソコンからCDが出ないどうしようオーパッキャマラドパッキャマラドパオパオパパパな日々を過ごし、3日後くらいに何故か出るという

 

 新手の便秘か!Σ( ̄口 ̄;)

 

 ・・・・・。

 

 そこで言う「新手」とは何ぞ!Σ( ̄口 ̄;)

 

 とそれはそれで一安心、でも怖くてCDをまた入れるのを大いに躊躇しているわけで、もといそれはどうでもいい話で、先週もいろいろとオープニングが多く、特に土曜日は5時から本郷→浅草橋→清澄そしてそこから中目黒、と相変わらずダイナミックな移動を行っていてそりゃ当然自転車も具合が悪くなるわな、と。
 先週行われたTOKYO PHOTO 2009はレセプションに伺いました。写真に特化したアートフェアということで、集中して観ることができてショーとしては大充実で満足なのですが、生意気なことを申し上げさせていただくと、「この写真凄いだろ!」と言わんばかりの大判のプリントがずらりと並び、それはそれで見応えがあって先述のショーとしての充実をもたらしている一方で、「ちょっと飾ってみませんか?」もしくは「所有してみませんか?」という提案が、サイズ的に、そしてそれとほぼ比例して価格的に少ないような気がした次第で。うーん、立場的に無責任なところにいるので四の五の述べるのは大変恐縮なのですが、パリフォトがすごく面白いという話を耳にしてそれが東京でも、となるとそれは素晴らしいし、加えて個性的なアートフェアの出現もファンとして大歓迎なので、今後もいっそうの充実を期待したいです。
 ・・・などと珍しく殊勝なことを書いてしまいましたが、結局日曜日に味スタでFC東京ナビスコ杯決勝進出おめでとうございますありがとうございますの瞬間に立ち会えて、5年振りの国立だーオーパッキャマラドパッキャマラドパオパオパパパ!と内心盛り上がっているのでございます、で、今週は紹介する展覧会も多いんです!

 

大森さやか
三瀬夏之介展 問月台
森万里子「フラットストーン」
杉本博司 放電場
スローガン
二階武宏-木口木版画・ペン画展
緑陰幽草 by 藤井雷
「月人間展」石黒賢一郎/大森暁生/三田尚弘/須田悦弘/草井裕子/龍口経太/平林貴宏/森口裕二/山口英紀
青木陵子作品展「オブジェクト・リーディング」
政田武史 "New Works"
SZ virtual/actual [pneuma]
Pu Jie Double Illusion
正木隆 初期作品展
1floor2009「THREE DUBS」井上賢治 平田さち 芳木麻里絵
パラモデル個展「P級建築士事務所」
Chosil Kil "RING THE BELL"
YUNMEE KYONG Solo Exhibition「Where There are Trees」

 

 今週開催の他の注目のものは、駒沢公園の住宅展示場でのアートフェア「KOMAZAWA MUSEUM X ART」、あとちょっと渋いチョイスですがミュゼ浜口陽三・ヤマサコレクションでの浜口陽三生誕100年記念銅版画大賞展も面白そうです。
 ではでは、よろしくお願いします!