トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様おはようございます。
 昨日、13日の日曜日は現在駒沢公園ハウジングギャラリー、住宅展示場で開催されているKOMAZAWA MUSEUM X ARTへ行ってきました。
 昨年横浜美術館側の住宅展示場で開催されたアートフェアが金曜日の夜の限られた時間内での鑑賞を余儀なくされたこともありなんだかもう

 

 何かの罰ゲームか!Σ( ̄口 ̄;)

 

 というくらいにバッタバタで観て回ってそれでも全部観られず無念も無念、しかしやはりいつもと違うシチュエーションで展示された作品たちを眺めるとそれはもう新鮮で楽しくて...ということもあり、今回のは時間的な余裕をたっぷりとって観に行くことに。

 

 自転車濃いで40分ほど、途中環八通りでパンクしながらグリグリ走り続ける赤い外車に気を取られてたらずいぶんと先へと行ってしまい、途中凄まじく急勾配の歩道橋を往復、都合2度も昇って降りなければならないという相変わらず無駄に体力を消費して辿り着いたのがおそらく12時過ぎ、そして全部観終わったのが3時過ぎ。
 広いです、横浜と比べるとあの3倍くらいの敷地面積はあるかと。そしてすべての住宅内に作品が展示されてはいないのですが、しかしやっぱりいつもと違う空間で出会う咲く品たちはいつもと違うあたたかみを奏でていて楽しかった!
 ありがたいことに会期も長いので、ぜひご覧頂ければ、と思います。そしてその際はくれぐれも時間と体力ともに余裕を持って。

 

 ではでは、今週は11の展覧会をご紹介致します!

 

高倉麻世 うたかた
夜中ノ興奮 テラシマサトル展
小泉春香展
柔らかな器―感覚の境目を行き来する6人の作家 工藤春香 黒野裕一郎 塩川彩生 塩谷良太 しんぞう 平川正
河井菜摘 "残像"
天野亨彦「918」
足立喜一朗「シャングリラ2」
伊藤遠平展
名和晃平展 Transcode
村田朋泰展「2」
傍嶋崇展「オキロネロ」

 

 今週はこの他に、京都芸術センターで開催される実にユニークな作家が揃うグループショー、MISAKO & ROSENでは芥川賞作家、吉田修一氏の連載小説「横道世之介」に寄せた南川史門さんの挿絵が一挙展示される展覧会、MA2Galleryでの北原愛さんの個展、TARO NASUでの宮本隆司さんの個展、21_21 DESIGN SIGHTでのTOKYO FIBER '09などなど、楽しみな展覧会がいっぱいです!
 そして今週末は名古屋京都大阪神戸へと遠征予定でございます。
 ではでは。よろしくお願いします!