トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。
 この週末、といいますかこの秋唐突に出てきたニューワード「シルバーウィーク」の最初の2日間は先週予告した通りに名古屋京都大阪へ遠征してまいりました。
 ちょっと話は飛びますがたまにハッピーマンデーだかなんだかで3連休だったりする初めの土曜日もけっこう新幹線が混んだりするんですけど、少なくとも僕の経験では10分後に乗れば自由席でも座れたりという感じで。
 で、これが今回は3連休の4割増、5連休の初日でございまして。東京駅の新幹線乗り場付近から凄まじいカオスなわけで、改札通過すら難儀、ホームに辿り対いた瞬間

 


 何この人口密度!Σ(@口@;)

 

 
 一応それなりに覚悟はしていたんですけど、まあ皆様高速道路1000円のほうに行ってらっしゃるでしょうまあそれなりかなぁなどとタカを括っていたらそんな取って付けたタカなどムダでございます的な凄まじい混み様で。

 

 初めて座れませんでしたorz。
 ちょっと眠ろうかくらいに思ってた時間すべて立ちっぱなしという事態。時たまよろけたりもしながらなんとか名古屋到着、2時間だとやり過ごせることが分かりました(・∀・)。

 

 名古屋からはガンガン回ってまいりまして、愛知県美術館の「放課後のはらっぱ」展でいろいろと貴重な作品を観るところから始まり、1時頃名古屋を発つくらいのイメージでいたら案の定名古屋出発が3時過ぎ、土曜日の京都はなんとか予定していたものはチェックできたものの大阪到着が7時過ぎという。。。

 

 なかなか予定通りに行くことはないのですが(どんな予定立ててるのかと)、今回もいろいろと観られて充実していたのは間違いなく。
 で、残りのシルバーウィークもしっかりと活かしたいと思ってる次第、もう一度新幹線に乗る予定でございます。待ってろお焼き的なって違うだろ!

 

 ではでは、今週は7つの展覧会をご紹介致します。

 

小田恵理子展 ーココロザシー
奈良田晃治 -昨日はどこへ行ったのやら-
遠山陽子展覧会 "trigger"
水木塁個展「ACCA -着地点のない眼差し-」
小林耕平「右は青、青は左、左は黄、黄は右」
宮城勝規 unknown memories
泉啓司「脇から滝」

 

 今週は白金コンプレックスの合同オープニングで上記の山本現代と合わせて児玉画廊|東京では京都で凄まじいボリュームのインスタレーションを繰り広げた鷹取雅一さんの個展、NANZUKA UNDERGROUNDでは今年のART FAIR TOKYOでのベーコン・プライズ賞受賞などでも注目を集める佃弘樹さんの個展が開催、などなどいろいろと楽しみでございます。
 ではでは、よろしくお願いします!連休後半も充実の日々でありますように。