トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

加藤俊介+しんぞう
展覧会情報

『男女2人新宿絵画物語』加藤俊介+しんぞう
新宿眼科画廊
http://www.gankagarou.com/
東京都新宿区新宿5-18-11
03-5285-8822
12/4(金)~12/11(金)
12:00~20:00(最終日:~17:00)
レセプションパーティー:12/5(土)18:00〜
しんぞうホームページ:http://www.sinzow.com/

ex-chamber memo

 新宿眼科画廊の開廊5周年を記念して開催される2人展、それぞれユニークな個性を奏でるふたりのペインターがフィーチャーされます。
 1978年生まれのアーティスト、加藤俊介(かとう・しゅんすけ)は、ひとつの画面にさまざまなモチーフが入り込み、賑やかさを醸し出しつつも相当に危うげでシュールな世界を展開。ポップなデフォルメで飄々と描かれる情景は小気味よくもあり、あからさまな「暗さ」をもキャッチーに描き上げていきます。
 1974年生まれで今年の初秋に開催された「柔らかな器」展への参加で注目を集めたアーティストのしんぞうは、一転してひとつの画面にひとつのモチーフを濃厚なタッチで力強く描写。人々が浮かべるネガティブな表情を、そこから滲む感情を吸い取り注ぎ込むかのような生々しさが、不思議なユーモアとともに創出されます。