トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様おはようございます。
 昨日、11/22の日曜日、はじめてトークショーなるものに参加してまいりました。先々週と先週の土日にシアター・イメージフォーラムで開催された村田朋泰さんの映像作品を上映するイベントのなかで組み込んでいただいた、村田さんとの対談。直々にご指名いただいて恐縮至極、はてさてどんな話題になるのだろうと恐々としつつも臨んだ対談は、映像に特化した空間にいらっしゃっている方々へ向けてのお話ということもあり、アートスペース、ギャラリーなどで昨今行われる映像作品の諸々について話が広がり、映像作品のエディションの解釈や映画と映像インスタレーションとの差異など、こうやって書き出すとなんだか高尚な内容に思えるもそこは僕、分かった様な口ぶりで果たして本当の本質に触れられたのだろうか、と。うーん。
 ただ、村田さんも、そしてイメージフォーラムの敏腕スタッフSさんがいろいろとお話を引き出してくださって、話していること自体は思ったよりも緊張することなく、楽しく小一時間を過ごすことができた次第。来ていただいた皆様へありがとうございましたと各方向へ向けて今もあらためて頭を垂れつつ、楽しんでいただけただろうか、と。

 

 ではでは、今回は8つの展覧会をご紹介致します。

 

藤井俊治個展 "New Paintings"
柴田鑑三展
大竹利絵子展 夢みたいな
WORM HOLE episode12 鈴木光 仲田慎吾 西山弘洋 忽滑谷昭太郎 安田悠
西光祐輔 写真展 NEW GAMES
後藤真依個展「薔薇色の惑星」
指江昌克展「デファクトスタンダード」
シンチカ

 

 今週もまた相当な数の面白そうな展覧会が始まります。
 なかでも注目なのが、そこかしこから話題が漏れ伝わってきていたフランス大使館でのイベント「NO MANS LAND 創造と破壊」の全貌がいよいよ露になるのと、やや変わり種なのが恵比寿のsiteというスペースで開催される今村遼佑さんの展覧会「ノックする。」、COEXISTでの「漆希展 NOZOMI WATANABE EXHIBITION」あたりはぜひ足を運びたく、またトーキョーワンダーサイト本郷でのお馴染みTWS-emergingが、hpgrp GALLERY東京では伊藤一洋さんの個展、児玉画廊|京都では1階と2階でそれぞれ池谷保さんと阿波野由紀夫の個展、大阪GALLERY ZEROほか3画廊共同で開催の企画、ARTCOURT Galleryでのグループショーなどなど、満載でございます。
 ではでは、よろしくお願いいたします!