トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様、おはようございます。
 昨日、29日の日曜日はほぼレセプションに合わせた遅い時間に「わくわく JOBAN-KASHIWA PROJECT」へ行ってきました。柏。
 会期の最初がULTRAと重なっていたこともあり、なんとなく行きそびれていたのですが、そしたら会う参加アーティストどいつもこいつも

 

 柏行きました?(・∀・)
 どうでした柏?(・∀・)

 

 と聞いてきやがる(汗)。何その行ってること前提な感じ。行ってない、まだ、と返すと今度は

 

 まだ行ってないんすか!Σ( ̄口 ̄;)
 何やってんすか!Σ( ̄口 ̄;)

 

 ・・・と何故か怒られるこの理不尽。
 そんなこんなで最終日、ようやく足を運べたわけですが、TSCAの展示をすべて拝見しているこの僕、行けば何とかなるくらいに思っていたら展示会場のうちシネマサンシャインの場所が当然分からず、ますは遠い方の行き慣れたTSCA Kashiwaのほうへ。
 到着したのがおよそ18時でしたが、まー賑やか、既にたくさんの人で溢れていてそういう状況に出くわすと自然とワーワーキャーキャ-と盛り上がる性分、自然と楽しくなってきたのですが、さて中に入って

 

 何なのこの本気な感じはぁぁぁっっっ!?Σ( ̄口 ̄;)

 

 いやもう凄すぎて凄すぎて心の中で目の幅で滝涙が流れますわほんとに。
 まさにやりたい放題、平面から立体、イスタレーションまでそれはもう力作が揃っていて最終日に来ているような展示ではなく。この全力感は痛快極まりない!
 入ってすぐの吹き抜けの空間に鎮座、堂々と来場者を出迎えるANTENNAの神輿。正面に縦長のペインティングがあってこれがMIHO KANNOから参加の榎倉冴香さん。
 関西でお馴染み金子良さん扮するのびアニキと今年のTARO賞で背中を飯に突き刺して快哉を浴びた花岡伸宏さんが空間の「やっちゃってます度(≧∇≦)」に花を添える(どんな花だよ!)。浸食するキャンバス、幸田千依さんのペインティングから立ちのぼる揺らめく気配も秀逸。
 階段上がって、今回もっとも本気度を感じたアーティストのひとり、HYON GYONさんの新展開。盛り上がる絵の具の強烈なマチエルで凄まじく濃密な世界観。手足が長い阿部乳坊さんの木彫も久々に拝見しそのシュールなスケール感が楽しかったり。

 

 で、そこから改めて駅の方向へと戻り、旧シネマサンシャインへ。
 地図を持ってなかったことが災いし、行く順番を先にTSCAにしたことで松原壮志朗さんの人形劇を見逃したのは痛恨の極み、しかしこの旧映画館のなかでの展示も凄まじい勢いで、齋藤祐平さん、松下徹さん、加茂昴さんの天井高を活かした展示に圧倒され、そしてジャッピーっていつの間にこんなにたくさんいるのかと。オオタファインアーツでの個展も始まったばかりのシンチカの旧作も秀逸で。

 

 そこからふたたびTSCAに戻ってのレセプションも異様に盛り上がり、オレがオレがアタシがアタシがと主張しまくる作品群と正確な数こそ不明ながら150人以上はいたのではないかという人数に実に楽しい時間を過ごせた次第。
 来年は夏に京都で行なわれるそうで観る側からするとメイワクなんですけど(≧∇≦)、どこへ向かってどこまで行くか分かりませんがこの勢いにはしばらく文字通りわくわくさせてくれそうです。

 

 では、今週は7つの展覧会を紹介致します。

 

利部志穂 serendipity 妙のとき
『男女2人新宿絵画物語』加藤俊介+しんぞう
OSAKA ART COMPLEX vol.02 戸井裕之 個展 -seuzau-
さとうりさ作品展「こはち ー闇のうまれは、陽なたに眠るー」
丹野直人展「呼吸」
カンノサカン hunch
吉田翔個展「INSPHERE -つつみ込まれるように-」

 

 今週はこの他注目なのは、愛知で開催されるふたつのグループショー、愛知県美術館ギャラリーH.I室での「白昼夢」と文化フォーラム春日井・ギャラリーでの「美系優秀【ビケイユウシュウ】2009」が面白そう、そして続く柏、今度はURBAN BACK-SIDE LABORATORY R2で終了未定で始まる「FRESH」展も注目。そして、個展ではまず成山画廊での松井冬子さんの下図展、INAXギャラリーでの松岡圭介さんの個展などが楽しみです。
 ではでは、よろしくお願いします!