トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様おはようございます。
 この週末は今年最後の遠征敢行、名古屋ー京都ー大阪で一泊、途中春日井市に寄って帰京、と相当無茶な予定を組んで行ったのですが、名古屋で愛知県美術館を出る頃に雨に降られた以外は奇跡的に天候にも恵まれ、およそ当初立てていた予定をほぼこなすことができて、今回はよくやった、自分を褒めてあげたい、と。
 行く先々でたくさんの方とお目にかかり、よくしてくださるのでそれはもう毎度毎度ありがたく。ただ今回は昼食べる時間を惜しんで必至に自転車を運び、乗り、動いたこともあり、最後の帝塚山画廊への道程ではもうヘロヘロ、腹が減って腹が減って。レセプションでいただいた軽食がいつも以上にありがたかった次第。

 


 そこからさらに移動して、ちょっとだけ顔を出したAD&A Galleryへ。この日はトークショーが開催され、僕が戻ったときがちょうど終わった頃だったのですが、それはもう盛況だったことが伺えるほどの人の数が溢れていて、あー、時間的に無理だったとしてもお話を聞きたかったなぁ、と。

 

 翌日、たいてい一泊して明けて日曜日の朝は大いに持て余すのですが、ちょうど前日にお会いしたGallery MoMoの若頭、杉田さんがGallery Denで始まる小橋陽介さんの個展の展示作業を行なうとのことだったので、無理言ってお手伝いさせていただくことに。結局ほとんど何もしなかった(汗)感じでやや申し訳ない気持ちになりつつも、なんとか時間をやり過ごし、日曜日に開いているいくつかの展覧会を観たあと、京都にもう一度寄るつもりが時間に余裕がなくなり、結局今回の最終目的の春日井市へ直行。愛知県の美術系大学出身者の展覧会で、こちらも土曜日に作家全員が揃っての企画があってこれに伺えなかったのもしょうがないとは言え残念だったのですが、見応えのある大作力作がずらりと並んでいて壮観、加えてなかなか観られないアーティストの作品に出会えたこともあり、満足した次第。

 

 いつもより早く帰京できたことでさらに都内でひとつ展覧会を観ておけて、善美観られた分わけではないので満点ではないものの、実に達成感のある週末でございました。

 

 ではでは、今週は7つの展覧会をご紹介致します。

 

小林美樹 --鋭利なる球体--
小橋陽介展
木村くんと川見くんと
今井喬裕展 -Radical Classic-
長谷川冬香 "殻"
西原功織 Archives -New paintings and Drawings- archive-A
南条嘉毅展「際景」~伊勢詣1~

 

 今週は、まずは何といっても横浜美術館で始まる束芋さんの個展、原美術館での個展も大いに話題を集めましたが今回もさらに盛り上がること必至の様相で楽しみ、あと国立新美術館で開催の「Domani・明日展2009」も興味深いアーティストが参加されるので興味津々、他、LOWER AKIHABARAでの森栄二さん、和田画廊での前田正憲さんの個展も面白そうです。
 ではでは、よろしくお願いします!