トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

 皆様おはようございます。

 

 昨日、21日の日曜日は横浜方面へ行く予定が、諸々で家を出る時間が遅くなり、結局横浜には寄らず鎌倉画廊のみ。その道すがらのこといくつか。

 

 その1。今みたいな生活スタイルになって「アート」とか「ギャラリー」とかいう言葉におそらく普通の人よりも余計に反応するようになっていると思われるのですが、自転車でいつもの道を通っていると「アート」の文字を視界が捕らえる。お、と思うとその続きが「引っ越しセンター」で、ああ、疲れてるのかなぁ、と。

 

 その2。その十数分後。「パリパリスープのチキンカレー」というのを目にして、「スープがパリパリかー、おいしそうだなぁ。。。」と思うに至り、刹那、スープがパリパリてどんな。ああ、疲れてるのだなぁ、と。ちなみに正しくは「パリパリチキンスープカレー」の模様。

 

 その3。鎌倉画廊からの帰り、画廊を出た瞬間に目の前のバス停からバスが出発、「あー。。。」と思ってバス時刻表を見て時計見たら次のバスが来るまであと20分。さすがに寒い中待つのはきついなぁ、ととりあえず駅のほうへと歩くことに。で、数分歩いたところで時刻表を思い返し、次のバスまで20分だったけど、1本前のバスが確か4分前、バスは遅れることしばしばだしもしかしたら1本前のバスだったのかも、と思った瞬間、まるで計ったかのようなタイミングでバスが通り過ぎるという。結局その先で湘南モノレールに初めて乗る。

 

 その4。湘南モノレール、吊られた状態で走行する車両の乗り心地は、普通なら足下から揺れるのが天井を軸に揺れるものだからちょっとヘンな感じで新鮮。ただし車窓からの景色よりも、車両のジョイント部分がカーブの度にワッサァワッサァと結構な音立てながらグネグネ歪むのに目が釘付け。

 

 その5。寝違えた首がまだ痛い。

 

 ・・・そんなこんなで今年もこんな時期ですので、今年印象に残っている展覧会を思い返してみたり読んだ本や聴いたCDなど面白かったものを挙げてみたりでございます。
 では、今週はさすがに少ないかな、と思ったのですが案外あるもので、7つの展覧会をご紹介致します。

 

HOTARU展 #1 大窪美咲
大田和亜咲宜展
ヘルマン・ガブラー展「The Surface between the Two」
躍動するイメージ。- 石田尚志とアブストラクト・アニメーションの源流 -
佐藤温 ON STAGE
• ノー・モア・オルタナティブ 白須純、いらはらみつみ、ボブ・シェイブ、アレックス・ボール他
「discollage -ものの組み合わせには何かルールがありますか。」阿部大介 糸崎公朗 小林史子 彦坂敏昭 八木貴史

 

 年末ですので今週から始まる展覧会は数自体が少なく、他だとArtJam Contemporaryでの海老原優さんの個展あたりが楽しみです。
 ではでは、よろしくお願いします!