トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

曽谷朝絵《鳴る音》2010|SHISEIDO GALLERY,Tokyo Photo:洲崎一志
展覧会情報

第4回shiseido art egg 曽谷朝絵展「鳴る色ー色と音のあいだに」
資生堂ギャラリー
http://www.shiseido.co.jp/gallery/html
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
03-3572-3901
1/8(金)〜1/31(日)月休
11:00〜19:00(日祝:〜18:00)
曽谷朝絵HP:http://www.morning-picture.com/

ex-chamber memo

 今回で第4回を迎えるshiseido art egg。そのトップを、西村画廊で2007年に開催された個展、2009年の横浜ZAIMや四国でのレジデンスにあわせて発表されたそれぞれのインスタレーションなど、さまざまなかたちでシーンにインパクトを与え注目を集める1974年生まれのアーティスト、曽谷朝絵(そや・あさえ)が飾ります。
 ペインティングではやわらかなタッチで情景を描き、幻想的な雰囲気を紡ぎ出しますが、同展では「色が奏でる音の反響」をキーワードに据え、豊かな容積を誇る同スペースにヴィヴィッドな色彩が満ち溢れるインスタレーションを展開。絵の具に加え、カッティングシートや塩化ビニールシートといった鮮やかな発色の素材を多用し、バラエティに富んだかたちで空間に大胆に配色し、透過性や反射性などが生む色彩の変化とそれらが導くダイナミズムにより、「色」と「音」の間に存在する不思議なリアリティを現実空間に引き出す試みがなされます。