トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

左:木村充伯、右:川見俊
展覧会情報

木村くんと川見くんと
Kenji Taki Gallery Tokyo
http://www.kenjitaki.com/
東京都新宿区西新宿3-18-2-102
03-3378-6051
12/9(水)~12/26(土)日月祝休
12:00~19:00
木村充伯サイト:http://mitsunorikimura.blogspot.com/

ex-chamber memo

 愛知県在住のふたりのアーティストのフレッシュな個性をパッケージした展覧会が同ギャラリーの東京のスペースで開催されます。
 1983年生まれの木村充伯(きむら・みつのり)は粗い仕上がりによってユーモラスな木彫作品や油絵の具のみを用いたちいさな彫刻作品を制作、素材の質感を直接的に表出し、独特のフォルムと配色から力強さとコミカルさ、そして独特の味わいを滲ませる濃密な気配が醸し出されます。
 1981年生まれ、本年のVOCA展への参加でも話題を集めた気鋭のペインター、川見俊(かわみ・しゅん)は、パネルにペンキで建造物などをシャープに描き、力強い発色とスケールの大きな画面構成で独創的なダイナミズムを創出していきます。