トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

天明屋尚《思念遊戯》180×165.5cm アクリル絵の具、金箔、木 2009年 撮影:宮島径 (C)TENMYOUYA HISASHI Courtesy Mizuma Art Gallery
展覧会情報

天明屋尚 風流(ふりゅう)
ミヅマアートギャラリー(市谷田町)
http://www.mizuma-art.co.jp
東京都新宿区市谷田町3-13 神楽ビル2F
03-3268-2500
12/16(水)~1/30(土)日月祝・12/27〜1/7休
11:00~19:00
オープニングレセプション: 12/16(水)19:00〜21:00
アーティストサイト:http://www3.ocn.ne.jp/~tenmyoya/

ex-chamber memo

 今年11月初め、5mを超える天井高を誇り、黒畳の和室なども備えるスペースとして華々しくオープンした市谷田町のミヅマアートギャラリー。こけら落としのグループショーに続き、1966年生まれ、独特のスタンスで現在のアートシーンに斬新なインパクトを放ち続けるアーティスト、天明屋尚(てんみょうや・ひさし)の個展が開催されます。
 同展では金箔を画面全体に配した大作「思念遊戯」や宮本武蔵の五輪書からアイデアを得た5枚組の作品などを発表。美しい絵肌で繊細に刺青などのモチーフが描き上げられ、さらに額縁や装飾にも趣向を凝らし、人々を絢爛の景観で驚かせ楽しませる「風流(ふりゅう)」の気配で新スペースの広大な空間を満たします。