トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

石田尚志《海の映画》2007年(ヴィデオ作品)
展覧会情報

躍動するイメージ。- 石田尚志とアブストラクト・アニメーションの源流 -
東京都写真美術館 地下1階展示室
http://www.syabi.com/

東京都目黒区三田1-13-3恵比寿ガーデンプレイス内
03-3280-0099
12/22(火)〜2/7(日)月休(休館日が祝日・振替休日の場合はその翌日)
※12/28〜1/1冬期休館
10:00〜18:00(木、金:〜20:00、1/2、1/3:11:00〜) 
一般:500(400)円
学生:400(320)円
中高生・65歳以上:250(200)円
※( )は20名以上団体および東京都写真美術館友の会、上記カード会員割引
※小学生以下および障害者手帳をお持ちの方とその介護者は無料
※東京都写真美術館友の会会員は無料
※第3水曜日は65歳以上無料
アーティストサイト:http://www.geocities.jp/office_ishidatakashi/

ex-chamber memo

 平成20年度より始まった、収蔵作品を中心に多彩な特別展示と併せて映像作品を紹介するシリーズ企画[映像をめぐる冒険]。第2回となる同展では、1972年生まれのアーティスト、石田尚志(いしだ・たかし)の作品を中心に、抽象性の高いアニメーションが上映されます。
 ひとつの画面や支持体に僅かずつ描写が描き加えられ、その度に一コマを撮影していくという気が遠くなるほどの時間を費やして制作される石田のアニメーションは、身の毛もよだつような強烈に妖しい情景が展開され、凄まじく濃密な時間が提示されます。他、さまざまな時代の作品やアニメーション史なども各コーナーで紹介され、多角的にアブストラクトな映像世界が紹介されます。