トップページ > 触れるTOP > ex-chamber memo | 幕内政治がお届けする今最も旬な現代アートイベント情報

柴田英里《femmes fatales -Elizabeth Ⅰ-》セラミック、下絵具、釉薬 2009年(撮影:早川宏一)
展覧会情報

TWS-Emerging 131 柴田英里「The Graceful Monsters(アイドル)」
トーキョーワンダーサイト本郷
http://www.tokyo-ws.org/hongo/
東京都文京区本郷2-4-16
03-5689-5331
1/9(土)~1/31(日)月休(祝日の場合開館、翌火曜休)
11:00~19:00(入館は閉館の30分前まで) 
オープニングイベント:1/9(土)
・アーティストトーク ゲスト/宮村周子氏(編集者/来来 LaiRai)16:00~17:00
・交流会 17:00~19:00 
《同時開催》
TWS-Emerging 132 鎌田あや「私のまわりの目に見えない夢」
TWS-Emerging 133 草刈ミカ「凹凸絵画」
TWS-Emerging 134 高木理枝子「ほんのり、いたい」

ex-chamber memo

 1984年生まれのアーティスト、柴田英里(しばた・えり)が、本年度最後の「TWS-Emerging」に登場します。
 ほぼ実物大でリアルに再現され、しかし頭部は逆さまに取り付けられているセラミックの半身像や胸像。その重厚感溢れるフォルムからは凄まじくシュールな雰囲気が醸し出され、異次元の世界観がユーモラスかつ臨場感たっぷりに展開されます。